日本語教師の疑問

日本語教師になる方法~養成講座と検定合格のどちらがおすすめ?~

日本語教師になる方法
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米主婦のたのすけです。

最近日本語人気が高まってきており「日本語教師」という言葉を聞くことが増えてきました。

「日本語教師になりたいけど、どうしたらなれるの?」

「日本語教師養成講座と日本語教育能力検定合格はどちらがいいの?」

 

今回は日本語教師になると決めたけど、どうすれば日本語教師になれるのか具体的に紹介します。

 

日本語教師として働くために必要な条件

日本で日本語教師として働くときに、応募条件が3つあります。

  1. 日本語教師養成講座420時間 修了者
  2. 日本語教育能力検定試験 合格者
  3. 大学で日本語教育主・副専攻 修了者

 

このどれかを満たしていれば、日本語教師として働くことができます。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

日本語教師になる方法

1.日本語教師養成講座420時間を修了

勉強している

日本語教師をされている方は①の日本語教師養成講座を受講された方がほとんどです。

養成講座なら420時間を修了すれば、確実に日本語教師の資格がとれます。

 

養成講座のメリットは

  • 「座学(日本語の知識)」と「日本語の教え方(実習)」が両方学べる。
  • 先生がいるので、実習でわからないことを聞けたり、実際に指導してくれる。
  • 就職のサポートをしてくれる。
  • 一緒に頑張る仲間ができる。

 

養成講座のデメリットは

  • 受講料が高い。受講するのに60万円以上かかる。
  • 通う頻度によるが、修了するまでに時間がかかる。(大体6か月~1年半ぐらい)
  • 仕事をしながら実習の準備をするのは大変。

 

日本語教師養成講座は色々ありますが、最大手のヒューマンアカデミーが有名です。ヒューマンアカデミーは実際に卒業生も多く、様々なサポート制度があるので安心です。>>日本語教師養成講座


「早く日本語教師になりたい」方は3か月で修了できる学校があるので、そちらをおすすめします。「3か月短期集中!『日本語教師養成講座』おすすめ厳選3校を紹介!」記事に学校をまとめています。

 

2.日本語教育能力検定試験に合格

日本語教育能力検定試験に合格しても日本語教師になれます。

養成講座の受講料が高くて通えない人は、日本語教育能力検定試験の合格を目指すことをおすすめします。

受験料は10,600円と少しお高めですが、養成講座に通うよりも断然お安く資格を取ることができます。検定試験は1年に1回しかありません。

 

でも、この資格をあなどってはいけませんよ!

日本語教育能力試験は意外に難関資格です。平成29年度の合格率は25.5%です。

合格率は低いですが、きちんと勉強すれば合格できる試験です。ただし、試験範囲は広いので、効率的に勉強する必要があります。

 

検定合格して日本語教師になるメリットは

  • 資格取得までにかかる費用が安い。
  • 自分のスケジュールで検定試験の勉強ができる。

 

デメリットは

  • 一人で黙々と勉強するのはモチベーションが上がらない。
  • 自分で勉強のスケジューリングをしなければならない。
  • 試験範囲が広すぎて、何を勉強したらいいのかわからない。
  • 実習がない。

 

独学は不安という方は、通信講座で検定合格を目指すコースもあります。養成講座に通うよりははるかに安く、勉強することができます。アルクから検定合格の講座が出ています。
>><検定合格率57.4%>「NAFL日本語教師養成プログラム」
>>日本語教育能力検定試験合格パック2020

 

「養成講座に通うお金がない」「住んでいる場所的に養成講座に通うことが難しい」「時間を無駄にしたくない」という主婦の友人にはアルクの通信講座「日本語教育能力検定試験合格パック」を勧めました。

【参考】
>>「アルク「日本語教育能力検定試験合格パック」友人に勧めた3つの理由」
>>アルク「日本語教育能力検定試験合格パック」を口コミ【画像付き】

 

3.大学で主専攻・または副専攻で学ぶ

教室

大学で主専攻や副専攻で勉強して、日本語教師になった方には今までに3人会ったことがあります。もともと日本語教育に興味があった人、副専攻で取ってみたという人でした。

主専攻以外の人は、新卒のまま日本語教師になったという人は少ないです。

 

社会人になってしまった人は、もう一度大学に入るのは現実的ではないですよね。日本語教師養成講座に通うか、日本語教育能力検定試験がいいと思います。

 

高校生の場合は、将来のことをよく考えてた上で、大学で日本語教育を選考するどうか選択してくださいね。

 

日本語教師養成講座と日本語教育能力検定試験のどちらがおすすめ?

どちらがおすすめかは、その人がかけられるお金と時間によって異なります。個人的には、お金があるなら養成講座を受講するのをおすすめします。

なぜなら、実習があるし、検定試験のサポートもあります。何よりも「日本語教師になる」という同じ夢を持って頑張る仲間ができるからです。

卒業後に別々の日本語学校で働いても、連絡を取り合って情報交換などもできます。

 

まとめ

日本語教師になる方法をご紹介しましたが、自分に合った方法はありましたか?

それぞれお金と時間が異なりますので、自分に合った方法を選ぶのが一番です。

 

「思い立ったが吉日」という言葉があります。

 

日本語教師になりたいと思った方は、資料請求をするなり自分で調べてみるなり、「日本語教師」を目指して動き出してくださいね。

ヒューマンアカデミーの資料請求はこちら>>日本語教師養成講座

アルクの使用請求はこちら
>><検定合格率57.4%>「NAFL日本語教師養成プログラム」
>>日本語教育能力検定試験合格パック2020

 

日本語教師のまとめ記事はこちら>>日本語教師のまとめ記事

 

以上、日本語教師のたのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーファンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。