日本語教師の疑問

日本語教師の働き方を6つ紹介!~自分に合った働き方を選ぼう!~

日本語教師の働き方
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米主婦のたのすけです。

日本語教師になりたいと思っている方!または、日本語教師養成講座を修了し日本語教師として働こうと思っている方!

どんな働き方をしたいですか?

「日本語学校で働きたい」

「プライベートで教えたい」

「海外で働きたい」

 

今回は「日本語教師の働き方」を6つ紹介します。自分に合った働き方を見つけてください。

 

日本語教師の働く場所

働く場所は日本か海外

日本語教師の働く場所は日本国内だけではありません。勤務場所は日本だけでなく海外にもあります。

海外の求人は、中国、ベトナムが多く、次にタイ、フィリピン、韓国などが多いです。

 

日本語教師の働き方

日本国内での働き方

日本国内での働き方にスポットを当てて紹介します。

日本語教師の働き方はいくつかあって、簡単に働き方を6つに分けました。

  1. 日本語学校で教える
  2. 日本語学校以外の学校(大学、専門学校など)で教える
  3. 企業研修の講師をする
  4. プライベートレッスンで教える
  5. オンラインで教える
  6. ボランティアで教える

詳しく見ていきましょう。

日本語学校で教える

日本語学校が一番身近にある働き方だと思います。日本語教師の求人を探しても、日本語学校の求人が一番多いです。

 

日本語学校で働く場合、専任講師非常勤講師の2つの働き方があります。

専任講師は正社員と同じで、非常勤講師はパートタイムの扱いです。

専任講師は日本語を教えるだけでなく、教務の仕事もやります。学生面談や生活・進路指導、テスト作成、イベントの計画立案など業務内容は多岐にわたります。

詳しくは「日本語教師の仕事内容~日本語を教えるだけだと思っていませんか?~」仕事内容を書いています。

非常勤講師は授業専門で、生活指導や進路指導、イベントの計画などの仕事はありません。

専任講師と非常勤講師の違いは「「常勤講師」と「非常勤講師」の違い!メリットとデメリットを紹介!」の記事をご覧ください。

 

日本語教師のキャリアとしては、非常勤講師からスタートして、2・3年してから、専任講師になる人が多いです。

長い人だと5年経った後に専任になった人もいました。

 

専任講師の数は決まっていて、専任講師の席が空かないとなれません。いつまでもお局さん的な人がいると、若い人にはチャンスがありません。

専任講師になれるかはタイミングにもよるところが大きいですね。

 

主婦の人は旦那さんの扶養の範囲内でと考えている人が多く、非常勤講師として週に1~3回働いている人が多いです。

 

日本語学校で働くのにおすすめは、こんな人です。

専任講師
  • 日本語を教える以外の業務と携わりたい人
  • 学生とより深く関わりたい人
  • 安定な収入を得たい人
非常勤講師
  • 日本語を教えるのに専念したい人
  • 週に数回働きたい人(夫の扶養範囲内で働きたい)

 

日本語教師としてキャリアをスタートさせるなら、最初は絶対に日本語学校で働くことをおすすめします。

新米日本語教師には研修をやってくれる学校がほとんどです。先輩の日本語教師もいるので、わからないことを聞いたりできますし、授業で困ったことも相談できますよ♪

 

日本語学校以外の学校(大学、専門学校など)で教える

大学

学校といえば①の日本語学校がほとんどですが、それ以外の学校で教える働き方もあります。大学や専門学校、またはインターナショナルや小学校も少ないですが、需要はあります。

大学で教える場合は、日本語教師の資格だけでなく修士以上の学歴を求められます。大学で教えるのは、日本語関連の修士を取った人以外はあまり現実的ではないと思います。

専門学校の場合はある程度日本語ができる人が入学するので、日本語学校と教える内容は異なります。もっとレベルの高い日本語だと思ってください。

 

最初に働く場所は日本語教師としての経験が積めるので、やはり日本語学校がおすすめです。

 

企業研修の講師をする

企業研修の講師として働く人は、ある程度日本語教師の経験だけでなく社会人の経験もある人が多いです。学習者はサラリーマンなので、企業の方は日本語教師に一般企業での社会人経験を求めている場合も多いです。

 

企業研修をする場合、学習者のレベルは大体2つに分かれます。

日本語レベルがN2以上の場合と、N4ぐらいの場合です。学習者の日本語レベルは働く職種によって異なります。

たのすけも企業研修の講師として働いたことがありますが、学習者の日本語のレベルは高く、日本人じゃないの?なんて方もいました。

教えていたのはビジネス日本語です。日本語レベルが高い学習者は敬語やビジネスで使える表現とかでした。

 

企業研修の講師に向いているのは、ある程度日本語教師の経験を積んだ人で、一般企業での社会人経験もある人です。

現状では日本語学校と比べると企業研修の講師の需要は少ないです。しかし、今後は、外国人の社員を採用している企業も増えており、企業研修の需要は増えていくと思います。

 

プレイベートレッスンで教える

プライベートレッスンをしている人はフリーランスとして働いている人が多いです。

プライベートレッスンはカフェなどで日本語を教えます。

学習者はビジネスマンが多いですね。働きながら日本語を勉強しているので、日本語の上達進度は遅いです。宿題を出しても忙しくてやってこなかったりします。

説明する言語で英語を希望する人もいます。忙しいビジネスマンだからこそ、効率を求めているのかもしれません。

 

プライベートレッスンの場合、学習者の希望に合わせてこちらでカリキュラムを組みます。(カリキュラムとは、どんな教科書を使って何をどのように教えるかです)

それを考えると、プライベートレッスンは少しは日本語教師としての経験を積んだ人のほうがおすすめです。

プライベートレッスンの需要は、あまり多くないです。

知人の紹介などでプレイベートレッスンを始めることが多いので、プレイベートレッスンをやりたい方は、いろんなところで声をかけたり、自分の売り込みをしておくことをおすすめします。

 

オンラインレッスンで教える

最近はオンラインレッスンの需要も一定数あります。

オンラインレッスンはSkypeなどを使用して日本語を教えます。学習者が多い中国人が多いですが、最近は日本の文化に興味を持っている欧米人も多いので、欧米人の需要もあります。

オンラインは基本的に会話のレッスンが多いです。ほとんどが1対1で、時間対は学習者の国の時間に合わせます。昼間よりも夜の時間帯のほうが多いです。

 

オンラインレッスンは、自宅でできるし、自分の都合に合わせて働きやすいので主婦におすすめです。

 

ボランティアで教える

ボランティア

実は日本語業界はボランティアで日本語を教えている人がとても多いです。

平成28年度の文化庁の報告書によると、日本語を教えている人の59%がボランティアだそうです。詳しくは「日本語教師の約59%がボランティアの限界ー在留外国人の日本語教育担い手不足懸念」という記事をご覧ください。

 

ボランティアの場合は、日本語教師の資格がなくてもなれる場合も多いです。募集は市町村などの自治体だったり、日本語学校でボランティアを募集している場合もあります。

市町村の場合は、日本語教室でボランティアとして教える前に簡単な研修を開いてくれたりします。

 

ボランティアは無給なので、自分で生計を立てなくてもいい人はいいかもしれません。しかし、日本語教師の資格を持っているなら、日本語学校などの機関で働くことをおすすめします。

なぜなら、ボランティアはあくまでボランティアなので、日本語を教えてお金を得る経験をしたほうが、教師自身の日本語に向き合う姿勢が違うからです。それから、周りに他の日本語教師がいるのは、刺激にもなるし、自身のスキルアップに役立ちますよ

 

まとめ

日本語教師はいろいろな働き方ができます。

仕事を決めるときは、「どんな働き方をしたいか」「日本語教師として何をしたいか」を考えてみてください。自分に合った働き方がわかるはずです。

日本語教師の求人を探す場合は、「日本語教師の求人サイトまとめ」から探してみてください。

日本語教師になりたい方は「日本語教師になる方法~養成講座と検定試験のどちらがおすすめなの?~」の記事を読んでみてください。

 

以上、日本語教師のたのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーフェンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。