日本語教師の疑問

授業で教えたことはどのぐらい身についているの?~日本語教師の疑問~

授業で教えたことはどれぐらい身についているのか
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米主婦のたのすけです。

 

授業をしていて、「あれ?先週教えたはずなのにもう忘れている・・・」と感じたことはありませんか?

今回は「授業で学生に教えたことはどのぐらい学生に身についているの?」という疑問に答えますね。

 

勉強したことの定着率

学生は授業で教えたことをどれぐらい覚えているの?

実際、学生は授業で教えたことをどれぐらい覚えていると思いますか?

「100%?」「いやいやそんなことはないでしょ!」

「じゃあ、80%?」「うーん。それぐらいかなぁ・・・」

 

たのすけの肌感覚では、聞いているだけだとその場限りで、実際に身についていないことが多いです。(悲しいけど・・・)

がっかり

 

やっぱり勉強したことを使ってみて初めて、「あ!このときに使うんだ!」と使えるようになります。(日本語教師の方はわかるかと思いますが「導入」の場面設定は大切です)

 

記憶の定着率は数字で表すと何%?

吉田新一郎さんが書いた「効果10倍の<教える>技術」という本に、『学生が授業で聞いたことがどのぐらい身についているのか』が数字として書いてあるので、引用しますね。

 

聞いたことは、10%

見たことは、 15%

聞いてみたときは、20%

話し合ったときは、40%

体験したときは、80%

教えたときは、90%

引用元:2006年,PHP研究所,吉田新一郎『効果10倍の<教える>技術』P27より引用

 

この結果にびっくりしませんか?

たのすけは最初にこの数字を見たときに衝撃を受けましたよ。

 

ええ!?ええ!?ええ!?ええ?

 

 

「聞いたことは、10%」「見たことは、15%」って・・・

この結果からわかることは、聞いて見ているだけでは全然身につかない、意味がないということです。

 

ひと昔の芸人で『右から左に通り抜ける~』とありましたが、まさしくその通りですね!

この芸人覚えている方いますか?ムーディー勝山さんです!(あっ!また関係ない話にそれちゃいましたね)

 

あんなに授業準備をしたのに、実際は身についていないなんて、悲しすぎる!!!

悲しい

 

覚えるために効果的な方法

学生が覚えるためには何が効果的なの?

書いてあることをよーく見返してみましょう。

「体験したときは、80%」「教えたことは、90%」も身につくんです。

ということは、体験させて教えさせちゃえばいいんです。

  • 体験させる:学生自身に「わかった」という気づきを体験してもらうこと。答えを教えちゃダメです。学生が考えて自分で気づいて「わかった」となることが大切です。
  • 教える:インプットしたものを整理してアウトプットすること。⇒人に教えることで、自分の中で整理できる、記憶の定着にもなります。学生同士で教え合うミニティーチャーをやってもらうのもいいですね。

 

授業で気を付けていること

たのすけが常々意識して、授業で気をつけていることがあります。

  • 教師が話しすぎない
  • 学生の発話を促す
  • 話す時間を多くとる
  • 学生自身で答えを導いてもらう
  • 誤用はなぜ違うのか考えてもらう

 

授業では学生同士で話す時間を多くとったり、自分で考えて気づいてもらうよう心がけています。

教師はメインではなく、あくまでサブという考えです。

 

以前の記事で「教師は常に自己研磨しなければならない」と書きましたが、今後、ピア・リーディングの授業を実践してみたいです。

学生が一番身につく「教えたときは、90%」を意識した授業ですね。

まだまだ知識不足なので、2018年はピア・リーディングについて勉強したいと思います!

 

はい、頑張りますよ!

 

教師として覚えておきたいこと『学びの法則』

話は変わりますが、同じ本に『学びの原則』といのが載っていたので紹介しますね。

  1. 人は皆、常に学んでいる
  2. 安心して学べる環境が大切である
  3. 積極的に参加できるとよく学べる
  4. 意味のある内容や中身を扱うことでよく学べる
  5. 選択できるとよく学べる
  6. 十分な時間があるとよく学べる
  7. 協力できるとよく学べる
  8. 振り返りとフィードバックがあるとよく学べる
  9. 互いに讃え合ったり、教える機会があるとよく学べる

引用元:2006年,PHP研究所,吉田新一郎『効果10倍の<教える>技術』P59より引用

 

吉田新一郎さんの「効果10倍の<教える>技術」の本は結構有名だと思うので、ご存知の方も多いと思います。

それぞれの内容について知りたい方はぜひこの本を読んでみてくださいね。

頭でわかっていることが言葉として書いてあるので、わかりやすく行動に移しやすいです。

 

▷購入はこちら

 

学生を指導するときに以下の記事も参考にしてみてください。

勉強のタイプは資格・聴覚・運動の3タイプ~学生にあった指導ができていますか?~

 

 

以上、日本語教師のたのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーフェンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。