日本語教師の疑問

【新卒の就活】日本語教師VS一般企業、どっちに就職するべき?~

日本語教師vs一般企業
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米主婦のたのすけです。

 

日本語教師になりたい大学生は悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

「日本語教師になりたいけど、新卒でなるのは不安・・・」

「日本語教師になる前に一般企業に就職したほうがいいのかな・・・」

 

悩んでいる人は「新卒で日本語教師になりたい」から悩んでいるんですよね。

新卒で日本語教師になるメリット・デメリットをお伝えします。

先輩日本語教師の意見として読んで、選択するときの参考にしてください。

 

日本語業界の事情

新卒の日本語教師の需要は?

新卒の日本語教師に需要はあるのでしょうか?

 

国内の日本語教師の求人を見ると「社会人経験〇年以上」と書いてある学校もあります。

今は売り手市場と言われていますが、社会人経験がある日本語教師の方のほうが需要があるのは事実です。

教師という職業柄、社会経験もある人のほうが日本社会での経験もあり、教えられる幅が広い』と思われているからです。

 

日本に来る留学生は現地で働いていた人も多いです。

新卒で日本語教師になった方よりも年上の場合もあります。

現地で社会人経験がある方は、日本語の文法だけでなく、日本企業や日本社会のことも知りたいんです。

 

自分が経験していないことを教えるのはすごく難しいです。

 

そういった面で、社会人経験がある日本語教師のほうが教えられる幅も広いし、需要があると言えます。

 

日本語学校は少数精鋭?

先生

どの日本語学校も「人手が足りています!」なんて学校はありません。

専任講師の数は最少人数に収めて経営しているところ学校がほとんどです。

日本語学校は常に人手不足です・・・。

そんな状態なので、新人教育をする余裕もないですし、新人教育制度が整っている学校も少ないです。

 

また、専任講師として働く場合は”即戦力”になることを求められるので、社会人経験がある人が優遇されます。

日本語業界で中途採用が多い理由です。

 

たのすけは実際に新卒で日本語教師になったという人に今まで1人しか出会ったことがありません。

その先生は社会人としてしっかりされていましたが、「最初は一般企業で就職すればよかった」と言っていました。

理由は、日本語学校は一般企業と違うことも多いので、普通の会社で働いたほうが社会人経験がつめるからだそうです。

 

「日本語教師と一般企業に就職」どっちがいいの?

新卒で日本語教師を選ぶメリット

先輩の日本語教師から学びやすい

日本語教師は学びの連続です。

日本語教師として、常に日本語の知識は学んでいかなければなりません。

新しい教科書を使う場合は、教案を一から作り直したり、教材研究をしなければなりません。

 

日本語文法は一人で考えても答えがでないときがあります。

「先輩から学ぶ」ほうが早いです。

素直にわからないことを質問できるのは若い人が多いです。

 

歳を取ると人に聞くのを嫌がったり、自分の持論があってアドバイスを素直に受け入れません。

これはプライドが邪魔をしているのでしょうか・・・。

 

チャレンジ精神がある

年齢が高くなればなるほど、新しい教科書を使うことを嫌がります。

理由は面倒くさいからです。

新しい教科書になったら、教案を一から作り直さなければなりません。

 

教師は常に「学習者主体」で考えなければなりません。

 

柔軟性も関係していると思いますが、若い人のほうが新しい教科書を使うことへの抵抗は少ないです。

 

柔軟性・吸収力がある

年齢が上がるにつれだんだん頑固になりますね。

新しいものを受け入れがたくなる・・・これはしょうがないんでしょうか。

 

留学生は世界各国から来ています。

国が違えば文化も違います。

日本の常識が世界の常識じゃありません。

新しい衝撃に出会ったときに、受け入れる「柔軟性」や「吸収力」は若者のほうがあります。

 

体力がある

日本語教師はみなさんが想像しているよりも体力を使う仕事です。

たのすけの経験を最初のころは授業準備に時間がかかって、寝ないまま授業・・・ということもありました。

 

寝ないで仕事に行くなんて、20代の頃しかできません。

『日本語教師は体力勝負』なので、体力がないと務まりません。

 

新卒で日本語教師を選ぶデメリット

社会人経験がない

社会人経験をしたほうがいいというのは、初めに書いた通りです。

『社会経験もある人のほうが日本社会での経験もあり、教えられる幅が広い』

 

本で得た知識と実際の経験で得た知識は違います。

日本語を教えることは、勉強すれば誰でも同じようにできるようになります。

しかし、「経験」を話せるのは、その人にしかできない強みになります。

 

新卒で日本語教師になると、「日本語学校の常識=一般企業(社会)の常識」と思ってしまいます。

日本語学校は特殊なので、まずは一般企業で社会を知ってからのほうがいいかもしれません。

 

この記事も参考に読んでみてください。

 

新卒ブランドを捨てるのはもったいない

「新卒ブランドを捨てるのはもったいない」です。

この理由は、日本の企業風土にも関わっています。

 

日本企業は世界的に見ても変わっています。

日本は新入社員を育てようという企業風土ですよね。

今でこそ減ってきていますが「終身雇用」「年功序列」という考え方がまだ残っている企業も多いですよね。

外資系の会社や海外で就職しようと思うと、専門スキルを求められますが、日本の場合は新卒の人は特に何のスキルを持っていなくても就職できちゃいます。

 

日本は新人教育をして、いろんな部署を経験させて、その人個人の能力を上げ、結果として会社に貢献してもらおうという考えです。

 

この新人教育というのは新卒で入社した人だけの特権です。

チャンスは一生に一回だけなんです。

 

新入社員に投資した金額が返ってくるのは3年後だと言われています。

新卒で会社に入れば、お給料をもらいながら、社会人としてのスキルも勉強できちゃうんです。

こんな機会を見逃すのはもったいないと思いませんか?

 

若いので学生になめられる

こればっかりは仕方がないかもしれません。

学生は教師がが自分よりも年下だったり、年齢が若かったりすると、どうしても甘く見がちです。

 

「毅然とした態度をとる」ように心がけましょう。

「教師=友達」ではありません。

 

いつ日本語教師になったらいいの?

「絶対日本語教師じゃなくちゃイヤだ!」という人以外は、まずは1年でもいいので一般企業で働いてみませんか?

 

日本語学校は働いている人数も一般企業より少ないところが多いですし、同じ職種の人が多いので、考えや社会経験も偏りがちです。

日本語学校はやっぱり一般企業とは少し雰囲気が違います。

一般企業では日本語学校では経験できないことがたくさんできます。

 

20代のうちは一般企業で働き、30代になってから日本語教師になっても遅くないですよ。

現に、転職して日本語教師になる人は覆いです。

 

日本語教師の仕事は一生もの

夢に向かう人

日本語教師はいくつになってもチャレンジできます。

 

実際に退職した後に第2のキャリアとして日本語教師を選択される方も大勢いらっしゃいますよ。

急いで日本語教師になるよりも、いろんな社会経験を積んでからなったほうがいいのではないでしょうか。

 

20代のうちに海外に行って日本語教師として働いてみるのもいいかもしれません。

日本に来る留学生のバックグラウンドを知ることができますよ。

 

まとめ

考える就活生

新卒で「日本語教師になる」か「一般企業に就職する」かを選択するのは自分自身です。

一番いい選択ができることを願っています。

 

大学卒業後に海外で日本語教師をしたいという方、悩んでいる方はこちらをご覧ください。

 

自分の市場価値が調べられるサイトです。

将来のことで悩んでいるのなら、ぜひやってみてください。

MIIDASで自分の市場価値を調べる

 

以上、日本語教師のたのすけでした。

 

 

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーフェンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。