JLPT

JLPT(日本語能力試験)ってどんな試験?各レベルの日本語力は?

JLPTの試験レベル
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米主婦のたのすけです。

JLPTについてこんなこと思っていませんか?

  • JLPTって聞いたことあるけど、実際はどんな試験かわからない
  • JLPTのそれぞれの勉強時間はどれぐらい?
  • JLPTのN2があれば働ける?

 

今回はJLPTについて少し詳しく説明します。

JLPTの試験時間や得点配分などの詳しいことは書いていません。知りたい方は公式ホームページを見てくださいね。

JLPT公式ホームページ

 

日本語教師になったばかりの方で、あまりJLPTのレベルについて知らないという方はぜひ読んでください。

 

日本語能力試験(JLPT)

JLPTの概要

JLPTとは「Japanese Language Proficiency Test」のことで、正式名称は日本語能力試験です。

日本語試験で一番大きくて有名なのが、JLPTです。

1984年から実施され、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し認定するための試験です。

2010年に内容を改定し、今は新しい問題となっています。今は日本語レベルをN〇と表しますが、以前は〇級と表していました。

 

試験の実施は年に2回です。7月と12月に行われます。

JLPTは日本だけでなく、海外の主要都市でも受験することができます。

 

JLPTのレベル

JLPTのレベルは5つに分かれています。一番下はN5で、一番上のレベルがN1です。

 

簡単に各レベルの日本語力を紹介しますね。

漢字の読みと文法の問題を一問ずつJLPTの公式ホームページから参照したので、各レベルの参考にしてください。

 

N5とは?

「基本的な日本語をある程度理解することができる」

漢字は約120個です。

見てわかると思いますが、N5はそれほど難しくありません。独学でも合格できるレベルです。

合格までの勉強時間は大体150時間ぐらいだと言われています。

会話レベルはまだまだ単語レベルで、コミュニケーションはあまりとれません。

 

N4とは?

「基本的な日本語を理解することができる」

漢字は約300個です。

N4合格までの勉強時間は大体300時間ぐらいだと言われています。

N4があればコミュニケーションはでき、会話は成り立ちます。

ただ、ハッキリ簡単な日本語でゆっくり話さないと通じないレベルです。

まだまだ会話をするのには語彙・文法ともに足りません。

 

N3とは?

「日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる」

漢字は約700個です。

N3は旧試験(2009年までのJLPT)にはなかったレベルです。

3級(現N4)と2級(現N2)の差があまりにも大きかったので、その間のレベルとしてN3ができました。

 

N4からN3になると、一気に難しいと感じる学習者が多いです。

特に読解で漢字のフリガナがなくなるので、非漢字圏の学習者は難しいと感じるようです。

とはいっても、N3はちゃんと勉強すれば合格できます。

 

N3に出てくる語彙や文法は、日本人が日常会話で使うものが多いです。

N3レベルがあれば『日常会話ができる』と判断していいでしょう。

あまりストレスなく会話をすることができます。

 

N2とは?

「日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる」

N2の漢字は1,000~1,300個ぐらいです。

N3とN2だと試験時間も変わります。

N3までは語彙30分、文法・読解70分と分かれていましたが、N2は語彙・文法・読解が全部で105分になります。

N3までは合格できても、N2となるとなかなか合格できません。

 

N2レベルがあれば、日常生活で困ることはありません。

N3は日常会話だったのに対して、N2があればビジネスにも対応できる日本語能力があります。

それから、大学に進学したいならN2は必須です。

N2レベルがないと、講義の内容など理解することは難しいです。

(大学進学を目指しているならEJU(日本留学試験)を受けてくださいね)

 

N2があれば、ある程度『読み』『書き』『話す』ことができ、仕事として日本語が使えるレベルと言っていいでしょう。

 

N1

「幅広い場面で使われる日本語を理解することができる」

N1の漢字は約2,000個です。

日本人が高校卒業までに勉強する漢字が約2,000個ですから、N1はレベルが高いことがわかりますね。

試験には日本人でも使わないような語彙も多く出てきます。

日本人でもN1の試験を受けて満点取ることはできないかもしれません。

読解などはセンター試験と同等レベルだと思ってください。

 

N1レベルがあると、難しい話題についてもディスカッションができます。

ただし、漢字圏の学生は漢字ができるので、N1に合格しても話せいない学生も多いです。

 

N1に合格するには相当の努力と時間が必要です。

『N1がある=努力できる人』と見ることもできます。

 

N1とN2の差は?

N1とN2だったら会話力ではあまり差がないかもしれません。

N2は全部ビジネス日本語ですが、N1は、半分はビジネス日本語、半分はビジネスでも使わないような硬い日本語や文学などの日本語です。

 

N1は相当難しいので、取得までに長い年月と努力が必要です。

まずはN2を目指しましょう!

 

仕事で必要なJLPTレベルは?

仕事をするならN2レベルはほしいですね。

N3でも仕事はできますが、難しい話題になると日本語力がないせいで、仕事に影響が出ます。

また、仕事となると日本語の文書を読む場面も多く出てくるので、N2相当の読解力がないと正しく日本語を理解することができません。

 

『N2=日本語が話せる』は必ずしもイコールではないので、注意しましょう。

ペーパーテストはできても会話ができない人は大勢いますし、ペーパーテストができなくても日本語でのコミュニケーションに問題がない人もいます。

 

まとめ

JLPTについて少しはおわかりいただけたでしょうか。

実際の点数配分や申し込み方法など、細かいところは公式ホームページで見てください。

JLPT公式ホームページ

 

日本語教師の方は、ぜひ学生がJLPTに合格できるように指導してくださいね。

 

 

以上、たのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーフェンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。