N3(文法分析)

【N3文法解説】~べきだった/~べきではなかった|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~べきだった/~べきではなかった」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形+べきだった/できではなかった *する→するべきだった/すべきだった

 

意味

  • ~しなければよかった
  • ~しないほうがよかったのに(~してしまった)
たのすけ
たのすけ
過去のことを振り返って、後悔・反省・不満などの感情を表します。

 

例文

  • N3に不合格だった。もっと勉強するべきだった(すべきだった)
  • お客様からクレームがあったら、すぐに報告するべきだった(すべきだった)よ。
  • こんなに景色がきれいなら、カメラを持って来るべきだった
  • 授業中眠かった。昨日は2時まで起きているべきではなかった
  • 本当のことを言うべきではなかった

 

注意事項

  1. 話者の主張を言う時に使う。
  2. 「~べきだ」自分には使えない。(例)明日はテストだから、今日はたくさん勉強するべきだ。←自分に対して「~べきだ」は使えないので、「勉強するつもりだ」が自然。

 

類似文型との違い

~なければならない

  • 規則で決まっているときは、「~なければならない」を使う。(例)外国人は在留カートを(✕持つべきだ 〇持たなければならない)←外国人が在留カードを携帯するのは、日本の法律で決まっている。
  • アドバイスの意味で使う時は、「~なければならない」の方が「~べきだ」よりも強い意味になる。
たのすけ
たのすけ
「~べきだ」は話者の主観が入るから、意味が少しだけ弱くなります。

 

~はずだ

  • 推量・確信の意味。(例)10年も日本にいるのだから、日本語が上手なはずだ

【参考】~はずだ

 

形が似ている文型

~べきだ/~べきではない

  • 意味①「~するのが当然だ/~したほうがいい/~しないほうがいい」(例)約束は守るべきだ
  • 意味②「~したほうがいい(勧め)/~してはいけない・~しないほうがいい(忠告)」(例)A:仕事を辞めない・・・。B:続けるべきだよ。/辞めるべきではないよ。

【参考】~べきだ/~べきではない

 

たのすけ
たのすけ
では!「~べきだった/~べきではなかった」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

日本語教師たのすけです。

以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。