N1(文法分析)

N1文法解説「~だの~だの」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N1文法「~だの~だの」の説明です。

 

用法

接続

V普通形/A普通形/なA・なAだった/N・Nだった+だの+(同様)+だの

 

意味

  • ~や~など。(いくつかの例を示す)
たのすけ
たのすけ
不満や非難の気持ちがあるときに使います。

 

例文

  • 母は勉強しろだの部屋を片付けろだのうるさい。
  • あのカップルは浮気しただの浮気してないだの、お互いに言い合っている。
  • 友達は私が新しい鞄を買うと、私もほしいだの譲ってくれだのうるさい。
  • 眠いだの疲れただの言っていないで、早く起きなさい。
  • 息子は学校は遠いからだの面倒くさいだの文句ばかり言っている。
  • 田中さんはアルバイトはきついだの時給が安いだの、不満ばかり言う。
  • 今日の料理には、ピーマンだのにんじんだの私の嫌いな野菜ばかり入っている。
  • 娘はブランドのバックだのアクセサリーだの、高い物を欲しがる。
  • 大学生の子供がいるが、アパートの家賃だの学費だのお金がかかる。

 

注意事項

  • 話し言葉。

 

類似文型との違い

~やら~やら

  • 意味は「~や~など/~たり~たり」
  • 「~やら~やら」は、いろいろあって大変・複雑だというときに使う。(例)娘が結婚するのは、嬉しやら寂しいやらで複雑な気持ちだ。

【参考】~やら~やら

 

~とか~とか

  • 意味は「~や~など」
  • 「~とか~とか」は不満や非難する気持ちがなくても使える。(例)私はチョコレートだ(〇とか ✕だの)ケーキだ(〇とか ✕だの)の甘い物が好きだ。

【参考】~とか~とか

 

たのすけ
たのすけ
 では!「~だの~だの」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。