N2(文法分析)

N2文法解説「~はもとより」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~はもとより」の説明です。

 

用法

接続

N+はもとより

 

意味

  • ~は当然のこととして。
たのすけ
たのすけ
当然だと思っていることや、代表的な例を挙げ、「それだけでなく」と言いたいときに使います。

 

例文

  • 教室はもとより、トイレでもたばこを吸ってはいけません。
  • 父はパソコンはもとより、カメラや携帯電話も使い方がわからない。
  • 家族はもとより、友達や先生のおかげで大学に合格できた。
  • 私の町は田舎なので、電車はもとよりバスもない。
  • 私は語学が苦手だ。フランス語やドイツ語はもとより、英語も話せない。
  • 日本に来たときは、日本人と話すことはもとより、買い物もできなかった。
  • ホンダの車はデザインはもとより質もいいので、人気がある。
  • ダイエットしたいなら、運動はもとより食べる量も減らさなければ、意味がありません。

 

注意事項

  1. 硬い言い方。
  2. 後件では「他にも」という意味で「も」を使うことが多い。

 

類似文型との違い

~はもちろん

  • 意味は「~は当然のこととして」(例)兄は、スポーツはもちろん勉強もできる。
  • 「~はもちろん」のほうが「~はもとより」カジュアルな言い方。

【参考】~はもちろん

 

たのすけ
たのすけ
では!「~はもとより」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。