N3(文法分析)

N3文法解説「~くらいなら/~ぐらいなら」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~くらいなら/~ぐらいなら」の説明です。

 

用法

接続

V辞書系+くらいなら/ぐらいなら

 

意味

  • ~より…の方がまだいい、ましだ。
たのすけ
たのすけ
最低の事態を示して「~に比べれば、…の方がいい」というときに使います。 

 

例文

  • 体調を悪くするくらいなら、仕事をやめたほうがいい
  • ピーマンを食べるぐらいなら、にんじんを食べたほうがましだ
  • 田中さんと結婚するぐらいなら、一生結婚しなくてもいい。
  • 作った料理を全部捨てるぐらいなら、全部食べる。
  • 自分でご飯を作るぐらいなら、コンビニでお弁当を買ったほうがいい
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項①を見てください。

 

注意事項

  1. 文末は「~ほうがいい・~ほうがましだ・~なさい」が使われる。
  2. 前件がメインで、後件は比較対象。
  3. 客観的ではなく、主観的に言う時に使う。

 

類似文型との違い

~より

  1. 「~くらいなら/ぐらいなら」との違いは、前件の事柄を否定しないこと。「どちらかといえば~のほうが適切だ」というときは、「~より…」を使う。
    (例)電気製品は修理する(〇より ×くらいなら)、新しく買ったほうが安い。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~くらいなら/~ぐらいなら」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。