N3(文法分析)

N3文法解説「~まみれ」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~まみれ」の説明です。

 

用法

接続

N+まみれ

 

意味

  • ~がいっぱい付いている。
たのすけ
たのすけ
汚い物が全体について汚れている様子を表します。体や服について不快なときに使います。

 

例文

  • 外で遊んで服がまみれになってしまった。
  • ケガをして服がまみれになった。
  • アルバイト先の工場はクーラーがない。みんなまみれで働いている。
  • まみれの靴では、お店の中に入らないでください。
  • あの部屋は何年も使っていなかったので、ほこりまみれだ
  • 田中さん、借金まみれらしいよ。今までカードを使って車、時計、バック、何でも買っていたらしい。
  • 車を修理していたら、手がまみれになってしまった。

 

注意事項

  • 前件には、「汗・ほこり・血・泥・嘘・借金・酒」など。
  • 「Nまみれになる」「Nまみれだ」「Nまみれの」という形で使う。

 

類似文型との違い

~だらけ

  • 意味は「~が多い、~がいっぱいだ」
  • 「~まみれ」は汚いものがいっぱい付いているときに使う。(例)私の部屋は漫画(〇だらけだ ✕まみれだ)。←漫画は汚いものではないので、「まみれ」は使えない。

【参考】~だらけ

 

たのすけ
たのすけ
では!「~まみれ」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。