N2(文法分析)

N2文法解説「~に応じて」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~に応じて」の説明です。

 

用法

接続

N+に応じて

たのすけ
たのすけ
名詞につく場合は、「Nに応じたN」になります。

 

意味

  • ~に対応して。
  • ~に合うように。
たのすけ
たのすけ
「~が変われば、それに合わせてあることを決める・変わる」ときに使います。

 

例文

  • アルバイトの給料は時間に応じて変わる。
  • Tポイントは買い物した金額に応じて、ポイントが貯まる。
  • 年齢に応じて、おすすめの本が変わる。
  • 制服は季節に応じて変わる。
  • このジムでは、体力に応じて、さまざまなマシンを選べる。
  • お客様の要望に応じて、新メニューができた。
  • お客様の予算に応じた旅行プランをご案内します。
  • 収入に応じた税金を払わなければなりません。

 

注意事項

  • 一定ではなく変化が予想されるものにつく。(例)天候、年齢、体力

 

類似文型との違い

~にこたえて

  • 「~に対応して」の意味なら、「~こたえて」は「~に応じて」と置き換え可能。(例)お客様の要望(〇にこたえて 〇に応じて)、新メニューができた。
  • 内容が変化する言葉は「~にこたえて」は使えない。(例)アルバイトの給料は時間(✕にこたえて 〇に応じて)変わる。

【参考】~にこたえて

 

たのすけ
たのすけ
では!「~に応じて」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。