N3(文法分析)

N3文法解説「~にわたって」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~にわたって」の説明です。

 

用法

接続

N+にわたって

たのすけ
たのすけ
名詞に接続するときは「NにわたるN」になります。「Nにわたり」とも言います。

 

意味

  • ~の全体に及んで。
たのすけ
たのすけ
小さい範囲にとどまらず、広がっているニュアンスを含んでいます。

 

例文

  • 事故で、20キロにわたって渋滞が続いている。
  • 梅雨の時期は、日本全国にわたって雨が降る。
  • オリンピックは17日間にわたって行われた。
  • 私は20年にわたってガンの研究をしている。
  • あの旅館は100年にわたって続いている。
  • 音楽雑誌で10ページにわたってジャスティン・ビーバーのことが書かれていた。
  • 話し合いは数回にわたって続けられている。
  • 台風の影響で、広い範囲にわたる場所で大雨が降っている。

 

注意事項

  • 回数と一緒に使うと、回数が多いことを強調する。(例)部長に3回にわたって注意された。←「わたって」を使うと3回でも多い印象を与える。

 

類似文型との違い

~から…にかけて

  • 意味は「~から…まで」
  • 「~から…にかけて」は範囲を表す。(例)オリンピックは7月23日から8月10日にかけて行われた。

【参考】~から…にかけて

 

~に至るまで

  • 意味は「~まで広く/~までに及んで」(例)「鬼滅の刃」は子供から大人に至るまで人気がある。
  • 「~にわたって」は程度や範囲を表すが、「~に至るまで」は始めと終わりがはっきりしている。

【参考】~に至るまで

 

~通じて/~通して

  • 意味は「~の期間ずっと」
  • 「~通じて/~通して」は、ずっと続いているときにしか使えない。(例)タイでは一年を通して暑い。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にわたって」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。