N3(文法分析)

N3文法解説「~てはじめて」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~てはじめて」の説明です。

 

用法

接続

Vて形+はじめて

 

意味

  • ~て、そのとき初めて~。
たのすけ
たのすけ
初めて経験し、それがきっかけで、わかったことや気づいたことを言うときに使います。

 

例文

  • 海外で生活してはじめて、自分の国の良さに気がついた。
  • 彼女と別れてはじめて、彼女の大切さを知った。
  • 病気になってはじめて、健康が一番大切だと思った。
  • 人に言われてはじめて、自分の長所がわかった。
  • 一人暮らしをはじめて、親のありがたさがわかった。
  • 親になってはじめて、子供を育てる大変さを知った。
  • 友達に言われてはじめて、キムさんが好きなことに気がついた。
  • コーチの指導を受けてはじめて、試合に勝てた。

 

注意事項

  • 後件には「気がづく・実現する・新しいことが起こる」の意味の文が来る。

 

類似文型との違い

~てこそ

  • 意味は「(~という条件が満たされたとき)はじめて~」
  • 「~てはじめて」と同じに使えるが、「~てこそ」はすでに起きたことには使えない。(例)海外で生活して(✕こそ 〇はじめて)、自分の国の良さに気がついた。

【参考】~てこそ

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~てはじめて」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。