N3(文法分析)

N3文法解説「~とか」(伝聞)

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~とか」の説明です。

 

用法

接続

普通形+とか

 

意味

  • ~~そうだが/~と聞いたが。(伝聞)
たのすけ
たのすけ
伝聞表現ですが、情報が不確かなときに使います。

 

例文

  • 今日の飲み会に田中さんも行くとか言ってたよ。
  • 彼女が美人だとか聞きましたよ。どこで出会ったんですか?
  • 明日はアルバイトが休みだとか言ってた。遊びに誘ってみよう。
  • 駅前に新しいケーキ屋さんができるとか。今度行ってみよう。
  • 明日は寒いとか。コートを準備しておいたほうがいいね。
  • 部長に子供が生まれたとか。かわいいだろうなぁ。
  • A:「学校の近くで事故があったとか」:「だから道が混んでいるんだね」
  • A:「あれ?木村さんは?」B:「風邪だとか。今日は休むと連絡がありました」

 

注意事項

  • 「~とか」は「~と」と同じ意味だが、「~と」より不確実な情報。
  • 「~とか」の後ろは「~と言っていた」が省略されることもある。

 

類似文型との違い

~とやら

  • 「~とか」と同じ意味だが、より情報が不確実。「~とやら<~とか<~と」の順番で「~とやら」が一番不確実な情報を表す。

 

~とか(例示)

  • 形は同じですが、意味は違う。
  • 例を出すときに使う。(例)チョコレートとかクッキーとかのお菓子が好きだ。

【参考】~とか(例示)

 

類似表現

伝聞の表現は他にもあります。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~とか」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。