N2(文法分析)

【N2文法解説】~よりほかない|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~よりほかない」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形+よりほかない

 

意味

  • 今の状況では、これ以外に選択肢・方法がない。
たのすけ
たのすけ
「しょうがない」という気持ちがあります。

 

例文

  • 白い服が汚れてしまった。洗っても落ちないから、捨てるよりほかない
  • 台風が来ているので、明日の試合は中止にするよりほかない
  • 新しいバッグがほしいけど、お金がないので、諦めるよりほかない
  • 最近売り上げが減ってきている。この状態が何カ月も続けば、お店は閉めるよりほかない
  • 車を買うにはお金が足りない。親からお金を借りるよりほかない
  • 終電がなくなってしまったので、今日は漫画喫茶に泊まるよりほかない
  • パソコンが壊れたので、新しいパソコンを買うか修理に出すよりほかない

 

類似文型との違い

~しかない

  • 意味は「~よりほかない」と同じ。(例)バスもタクシーもないので、歩いて帰る(〇しかない 〇よりほかない
  • 「~しかない」のほうが「~よりほかない」より、柔らかい言い方。

【参考】~しかない

 

~ざるを得ない

  • 意味は「そうするしか方法がない」
  • 「~(せ)ざるを得ない」は、「そうしたくはないが、どうにもならない状況で仕方なく」というときに使う。(例)マンションではペットを飼ってはいけないので、諦めざるを得ない

【参考】~ざるを得ない

 

たのすけ
たのすけ
では!「~よりほかない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

日本語教師たのすけです。

以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。