日本語教師の疑問

【文字指導】ひらがな・カタカナの教え方~日本語教師の疑問~

「ひらがな・カタカナ」の教え方
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米主婦のたのすけです。

この記事は外国人へのひらがな・カタカナの指導方法・学習者が間違えやすい文字についてを書いています。

文法の教え方は養成講座でやりますが、ひらがな・カタカナの教え方はやらないんですよね。あまりにも簡単だから、やる必要がないのでしょうか?

 

「教わってないから、ひらがな・カタカナの教え方がわからない」人もいますよね。実際、たのすけも日本語教師になったばかりの頃は、ひらがな・カタカナをどうやって教えたらいいのかわかりませんでした。

そんな方のために、ひらがな・カタカナの教え方・注意するポイントを書いています。

「”ひらがな”と”カタカナ”の教え方を知りたい」「教えるときの注意点を知りたい」という方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

日本語の文字

日本語の文字は3つあります。

「ひらがな」「カタカナ」「漢字」です。

外国人にとって「漢字」が最高に難しいと言われていますが、「ひらがな」と「カタカナ」も覚えるのは楽じゃありません。

 

日本語の文字は表音文字といって、一字一字が音を表します。

文字を覚えないことには、読むことはできないので、まずは文字を覚えましょう!

 

「ひらがな」と「カタカナ」のどちらを先に教えるのがいいの?

基本はひらがなから教えます。

文字だけ見るとカタカナの方が簡単です。

でも、使用頻度を考えると、最初にひらがなを覚えたほうがいいので、ひらがなを先に教える日本語学校がほとんどです。

 

カタカナのほうが文字的には簡単ですが、外国人にとってカタカナは難しいです。

和製英語(日本人が作った英語)もありますし、カタカナ語と英語の発音は全然違うので、日本人が発音しても理解できない場合もあります。

 

例えば、「スマート(smart)」は日本語と英語で意味が違います。

日本語は「太っていない」という意味ですが、英語なら「頭がいい」という意味になります。

 

文字指導

「ひらがな」「カタカナ」指導の基本

最初に文字を覚えるときに大切なのは「文字と発音を結びつけること」です。

 

文字を板書しながら読んで、学習者に書き取らせます。

学習者は教師の説明や文字の発音、字の形を左脳で理解し、書き取りは右脳で行います。

このやり方は右脳・左脳での学習になり、学習効率がいいと考えられています。

 

読んで書くことで、記憶の定着が進みます。

 

一般的な「ひらがな」「カタカナ」の教え方

授業は通常、テキストに沿って進められます。

テキストを使った一般的な文字の教え方を紹介します。

文字の教え方
  1. 教師がテキストの文字を読む。
  2. 文字を指しながら、読み方の説明をする。このとき、文字は板書したり、文字が書かれたカードを指しながら読む。
  3. 文字の筆順を説明する。学習者は教師の筆順を見て、書き取りをする。
  4. テキストに書いてある練習をする。
  5. テキストの読み練習を行う。
  6. 読めるようになったら、書き取り練習をする。

 

筆順は文字カードではなく、板書で書きながら説明します。

読み方の練習は50音表や文字カードなどを使うのがいいです。

 

「ひらがな」「カタカナ」のおすすめのテキスト

▷薄いので、最初にやるテキストにおすすめです。

英語だけじゃなく、ベトナム語・インドネシア語の翻訳版もあります。

 

▷CDがついていて、書く練習だけじゃなく聞く練習・読む練習もできます。

 

 

間違えやすい文字

間違えやすい文字やバランスを取るのが難しい文字があります。

教えるときは、間違えやすい文字に注意させましょう。

バランスが難しい文字

ひらがなの曲線や点の位置ってバランスが難しいんです。

ひらがな

「す」「な」「む」「ふ」

特に、「む」と「ふ」が難しいです。

「む」は四角形の中、「ふ」は三角形に収まるように書くのがポイントです。

 

似ている文字

形が似ている文字は混合しがちです。

ひらがな
  • 「あ」と「お」「め」と「ぬ」
  • 「ね」と「れ」と「わ」
  • 「る」と「ろ」
カタカナ
  • 「マ」と「ス」と「ヌ」「ツ」と「シ」
  • 「ソ」と「ン」
  • 「ソ」と「リ」

「ツ」と「シ」はポイントを押さえましょう。

「ツ」は上が一直線で、「シ」は横の縦が一直線になるように書くのがポイントです。

 

まとめ

「ひらがな」と「カタカナ」の教え方はイメージできたでしょうか。

 

外国人にとって「ひらがな」と「カタカナ」は日本語学習の第一歩です。

ここでつまずくと、日本語学習のモチベーションが一気に下がってしまいます。

逆に文字が読めれば次のステップに進めますし、「日本語が読める」ことで世界が広がります。

 

今は「ひらがな」「カタカナ」が一人で勉強できる教材もたくさん出ています。無料で教材をダウンロードできるサイトもあります。詳しくは「ひらがな・カタカナの五十音表・練習プリント」の記事をご覧ください。

学習者にあったものを選んでくださいね。

 

▷カードで言葉と一緒に楽しく覚えられます。

 

日本語教師のまとめ記事一覧はこちら>>日本語教師のまとめ記事

 

以上、たのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーフェンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。