N2(文法分析)

N2文法解説「~ながら(も)」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ながら(も)」の説明です。

 

用法

接続

Vます形・いA~い・なA~であり・N~であり+ながら(も)
*副詞につくこともある。

たのすけ
たのすけ
「~ながら」より「~ながらも」のほうが硬い言い方です。

 

意味

  • ~という状態から予想されることと違う。
  • 「~けれども」と前置きをする。

 

例文

  • たばこは体に悪いと知っていながら、やめられない。
  • 悩んでいながらも、誰にも相談できない。
  • 結婚していながら、独身だと言っている。
  • 子供でありながら、何でも知っている。
  • 背が低いながら、バスケットボール選手だ。
  • 貧しいながらも、幸せだ。
  • 妹は人前では静かでありながら、家族の前ではうるさい。
  • 失礼ながら、おいくつですか。(前置き)
  • けがをしたが、ゆっくりながら、よくなっている。(副詞)

 

注意事項

  1. 状態を表す言葉につくことが多い。前後の主語は同じ。 (例)ある、いる、~ている、知る、悩む
  2. マイナスの状態を認め、前置きとして言う言い方。マイナス評価の言葉につく。 (例)小さい、狭い、苦しい、貧しい、子供
  3. 書き言葉。

 

類似文型との違い

~ながら

  • 2つのことを同時にする意味。 (例)テレビを見ながら、ごはんを食べる。/アルバイトをしながら、大学に通っている。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~ながら(も)」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。