授業の進め方

「みんなの日本語Ⅱ」の26~50課の学習目標と学習項目(文型)

Pocket

たのすけ
たのすけ
この記事を書いているのは、日本語教師のたのすけ(@t_tanosuke)です。以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

 

この記事では、「みんなの日本語Ⅱ」の各課(26~50課)の学習目標(ゴール)と学習項目(文型)を一覧で紹介しています。

「みんなの日本語Ⅰ」はこちら≫「みんなの日本語Ⅰ」の1~25課の学習目標と学習項目(文型)

 

「みんなの日本語Ⅱ」の学習目標・学習項目(文型)一覧

学習目標 学習項目(文型)
26課 相手に説明を求めたり、自分の状況や理由を説明したりすることができる。理由や事情を説明した上で、丁寧な依頼をしたり、助言や指示を求めたりできる。
  • <普通形>んです。
  • <普通形>んですか。(疑問形なし)
  • <疑問詞>+<普通形>んですか。(疑問詞あり)
  • どうして<普通形>んですか。…<普通形>んです。
  • <文>。<普通形>んです。
  • <普通形>んですが、Vていただけませんか。
  • <普通形>んですが、<疑問詞>+Vたらいいですか。
27課 できること、できないことが可能動詞を使って表現できる。見える、聞こえるなどの状態が言える。
  • 動詞の<可能>
  • Nが<可能>
  • ~しか+否定
  • ~は~が、~は~(対比)
  • Nが見えます
  • Nが聞こえます
  • Nができます
  • 複合助詞(「には」「では」他)
28課 ある動作が同時に行われている様子を「ながら」を使って言える。習慣について「~ている」を使って言える。列挙して理由が言える。
  • V1ながら、V2
  • Vています(習慣的行為)
  • <普通形>し、<普通形>し、それに~(並列)
  • <普通形>し、<普通形>し、~(理由)
  • どうして~か。…<普通形>し、それに~から。
29課 目の前の物の状態を「~ています」を使って述べることができる。「~てしまいます」を使って、ある行為が完了したことや、残念に思う気持ちを表現できる。
  • NがVています(結果の状態)
  • NはVています(結果の状態)
  • Vてしまいました(完了)
  • Vてしまいます(未来完了)
  • Vてしまいました(後悔、困惑など)
  • Vてしまったんです(後悔、困惑など)
30課 「~てあります」を使って、物事の状態を述べることができる。「~ておきます」を使って、準備しておくことについて述べたり、指示を理解したりすることができる。
  • <場所>に<物>がVてあります
  • <物>は<場所>にVてあります
  • もうVてあります
  • Vておきます/Vておいてください
31課 自分の意志、計画、予定などを意向形や「つもりです」などを使って言える。
  • 動詞の<意向形>
  • <V意向形>と思っています
  • まだVていません
  • <V辞書形/ナイ形>つもりです
  • <V辞書形/Nの>予定です
32課 助言、忠告ができる。推量したことを伝えることができる。
  • Vた/Vないほうがいいです
  • <普通形>でしょう
  • <普通形>かもしれません
33課 指示や命令を理解できる。人からの伝言を伝えたり、人に伝言を頼んだりすることができる。読み方や意味を聞いたり、教えたりすることができる。
  • 動詞の<命令・禁止形>
  • 「 」と書いてあります/読みます
  • <命令・禁止形/普通形>という意味です
  • <普通形>と言っていました。(伝言)
  • <普通形>と伝えていただけませんか
34課 作業手順の基準・規範、動作の順を述べることができる。ある動作を行う際の状況が表現できる。
  • <V辞書形/Vた/Nの>とおりに
  • <Vた/Nの>あとで
  • Vて/Vないで
  • Vないで
35課 仮定条件を述べることができる。ある条件下での判断を述べたり、助言、指示を求めたりすることができる。
  • 動詞の<条件形> Vば/Vなければ
  • イ形容詞の<条件形> イAければ
  • ナ形容詞/名詞の<条件形> ナA/Nなら
  • Nなら
  • ~んですが、<疑問詞>+Vばいいですか
  • <条件形>+<V辞書形/イ・ナ形容詞>ほど
36課 到達目標や努力目標を述べることができる。人の能力や物事の状況の変化を述べることができる。
  • <V辞書形/ナイ形>ように、~
  • <V辞書形>ようになりました
  • <V辞書形>ようになりましたか。…いいえ、まだ<可能>ません。
  • Vなくなりました。
  • <V辞書形/ナイ形>ようにしています。
  • <V辞書形/ナイ形>ようにしてください。
37課 受身の表現を使うことができる。
  • 動詞の<受身>
  • <人1>は<人2>に<受身>
  • <人1>は<人2>に<所有物>を<受身>
  • <非情物>が<受身>
  • <非情物>は<受身>
  • <非情物>は<受身>ています
  • <非情物>は<人>によって<受身>

※非情物=もの(無生物)

38課 ある行為についての好き嫌い、上手下手などが述べられる。し忘れたことについて報告ができる。情報を得ているかどうか確かめられる。伝えたい部分を強調して伝えられる。
  • <V辞書形>のは~
  • <V辞書形>のが~
  • <V辞書形>のを忘れました
  • <動詞の普通形>のを知っています
  • <動詞/形容詞の普通形>のは~
39課 「~て」「~ないで」などを使い、理由・原因を述べることができる。
  • Vて/Vなくて、~
  • <イ形容詞>くて、~
  • <ナ形容詞>で、~
  • <名詞>で、~
  • <Vて/イAくて/ナAで/Nで>+<普通形>ので、~
40課 疑問文を文の一部に組み込んで、疑問に思っていることが明確に述べられる。試しにやってみることが言える。
  • <疑問詞>+<普通形>か、~
  • <疑問詞>か、~
  • <普通形肯定>かどうか、~
  • <普通形否定>かどうか、~
  • Vてみます
41課 上下や親疎の関係を考慮した授受表現を使うことができる。丁寧な依頼ができる。
  • わたしは<人>に<物>をいただきます
  • <人>は(が)わたしに<物>をくださいます
  • わたしは<目下の者/動食物>に<物>をやります
  • わたしは<人>にVていただきます
  • <人>は(が)Vてくださいます
  • わたしは<目下の者/動植物>にVてやります
  • Vてくださいませんか
42課 行為の目的を述べることができる。ある物の用途や評価を述べることができる。あることをするための所要時間、経費を述べることができる。
  • <V辞書形/Nの>ために
  • <V辞書形+の/N>に
  • <V辞書形+の/N>に<数量詞>は必要です/かかります
  • <V辞書形+の/N>に<数量詞>も必要です/かかります
43課 変化を起こす兆候や外観の様子からその状態や性質を推察して述べることができる。目的の行為を終えて、元の場所に戻ることを表現できる。
  • Vそうです
  • <イ形容詞/ナ形容詞>そうです
  • Vて来ます
44課 「すぎます」を使い、行動や様子がちょうどよい状態からはずれているということが表現できる。「やすい、にくい」で物事をより詳しく形容できる。形容詞の副詞的用法を使って、詳しく依頼したり、物事を述べたりすることができる。
  • Vすぎます
  • <イ形容詞/ナ形容詞>すぎます
  • Vやすいです
  • Vにくいです
  • <ナ形容詞/名詞>にします
  • <イ形容詞>くします
  • <名詞>にします(選択・決定)
  • <ナ形容詞>にV
  • <イ形容詞>くV
45課 さまざまな事態において、どうすればいいか聞いたり、指示を受けたりすることができる。結果が予想通りではなく、残念だったり、意外だったりしたときの気持ちが表現できる。
  • <V辞書形/ナイ形/タ形>場合は
  • <イ形容詞>場合は
  • <ナ形容詞>場合は
  • Nの場合は
  • <普通形>のに
46課 ある動作の「直前」「進行中」「直後」の各段階に焦点を当てて言い表せる。動作の終了からあまり時間がたっていないという気持ちを表現できる。話して自身が確信していることを述べることができる。
  • <V辞書形>ところです
  • Vているところです
  • Vたところです
  • Vたばかりです
  • <普通形>はずです
47課 第三者から得た情報をそのまま伝えることができる。自分の五官(目、耳、鼻、舌、皮膚)を通して判断したことを述べることができる。
  • <情報源>によると、<普通形>そうです
  • <普通形>ようです
48課 人に命令したり、許容したりすることを、使役文を使って表すことができる。「~ていただけませんか」と、丁寧に依頼することができる。
  • 動詞の<使役>
  • <人>を<自動詞の使役>(強制)
  • <人>を<自動詞の使役>(許容)
  • <人>にNを+<他動詞の使役>(強制)
  • <人>にNを+<他動詞の使役>(許容)
  • <使役テ形>+いただけませんか(許可を求める)
49課 上下親疎の人間関係に基づく尊敬表現を理解し、尊敬表現が使えるようになる。
  • 動詞の<尊敬>
  • おVになります
  • 特別な尊敬語
  • おVください
50課 謙譲表現が使えるようになる。
  • おVします
  • ごNします
  • 特別な謙譲語
  • 丁寧語

 

「みんなの日本語Ⅰ」はこちら≫「みんなの日本語Ⅰ」の1~25課の学習目標と学習項目(文型)

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事