授業の進め方

「みんなの日本語Ⅰ」の1~25課の学習目標と学習項目(文型)

Pocket

たのすけ
たのすけ
この記事を書いているのは、日本語教師のたのすけ(@t_tanosuke)です。以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

 

この記事では、「みんなの日本語Ⅰ」の各課(1~25課)の学習目標(ゴール)と学習項目(文型)を一覧で紹介しています。

「みんなの日本語Ⅱ」はこちら≫「みんなの日本語Ⅱ」の26~50課の学習目標と学習項目(文型)

「みんなの日本語Ⅰ」の学習目標・学習項目(文型)一覧

学習目標 学習項目(文型)
1課 初対面の人と簡単な挨拶や自己紹介ができる。
  • <人>は<名前/国籍/身分・職業>です
  • <人>は<名前/国籍/身分・職業>じゃありません
  • <人>は<名前/国籍/身分・職業>ですか
  • <人>も<名前/国籍/身分・職業>です
  • <人>は<勤務先・学校名>の<身分・職業>です
  • <人>は~歳です
2課 物を指し示して、その名前が聞ける。物の持ち主が言える。
  • これ/それ/あれは<物>です
  • N1ですか、N2ですか
  • これ/それ/あれは<内容>の<物>です
  • これ/それ/あれは<人>の<物>です
  • これ/それ/あれは<人>のです
  • この/その/あの<物>は<人>のです
3課 物や人のある(いる)場所が言える。値段を聞いて、買い物ができる。
  • ここは<場所>です
  • <場所/物>はここ/そこ/あそこです
  • <人>はここ/そこ/あそこです
  • <物/人>は<場所>です
  • <場所/物/人>はこちら/そちら/あちらです
  • 国/会社は<国名/会社名>です
  • <物>は<国名>の<物>です
  • <物>は~円です
4課 時刻、曜日が言える。簡単な日常の行動が言える。電話番号が聞ける。
  • [今]~時~分です
  • ~は~時から~時までです
  • ~は~曜日と~曜日です
  • ~から~までVます
  • ~時にVます
  • Vます/ません/ました/ませんでした
  • 電話番号は~です
5課 移動先、交通手段などが言える。日付が言える。
  • <場所>へ行きます/来ます/帰ります
  • どこ[へ]も行きません
  • <乗り物>で行きます/来ます/帰ります
  • <人>と行きます/来ます/帰ります
  • <日時>[に]行きます/来ます/帰ります
  • 誕生日は~月~日です
6課 日常生活の基本的な行動が言える。人を誘ったり、誘いを受けたりすることができる。
  • <目的語>をVます
  • 何もVません
  • Vます。それから、Vます。
  • <場所>でVます
  • いっしょにVませんか
  • Vましょう
7課 日本語での言い方を尋ねることができる。物の授受についての表現ができる。
  • <道具>でVます
  • <言語>でVます
  • <言語>で<表現>です
  • <人>にVます
  • <人>に(から)Vます
  • もうVました
  • まだです
8課 身の回りの物事の様子や感想が言える。
  • ~は<ナ形容詞>です/じゃありません
  • ~は<イ形容詞>です/くないです
  • <形容詞文>そして、<形容詞文>
  • <形容詞文>が、<形容詞文>
  • <イ・ナ形容詞>+<名詞>です
  • この/その/あの+<イ・ナ形容詞>+<名詞>
9課 好き嫌い、上手下手、わかる、ある(所有)の表現が使える。「~から」を使って理由が言える。
  • Nが好きです/嫌いです
  • どんなNが好きですか
  • Nが上手/下手です
  • Nがわかります
  • Nがあります
  • <理由>から、~
  • どうして~か。…<理由>から。
10課 自分の国、町、今住んでいる所について話せる。人、動物、物の所在が言える。
  • <場所>に<人/動物>がいます
  • <場所>に<物>があります
  • 位置を表す言葉
  • <人/動物>は<場所>にいます
  • <物>は<場所>にあります
11課 数量、人数、時間、期間などが言える。
  • <物>が~つ/枚/台あります
  • <物>を~つ/枚/台Vます
  • <物>を~つ/枚/台ください
  • <人>が~人います
  • <人>が~人です
  • <期間>に<回数>Vます
  • <期間>+Vます
  • <期間>+かかります
12課 名詞文・形容詞文の過去の表現を使って、過去の物事の様子や感想などが言える。身近な物事、自国と日本などについて、比較することができる。
  • 形容詞文/名詞文の過去肯定/過去否定
  • ~はどうでしたか。…形容詞文/名詞文の過去肯定/過去否定
  • N1はN2より<形容詞>です
  • N1はN2とどちらが<形容詞>ですか。…N1(N2)のほうが<形容詞>です
  • <場所/グループ>で<疑問詞>がいちばん<形容詞>ですか。…Nがいちばん<形容詞>です
13課 ほしい物、やりたいことが言える。移動の目的が言える。
  • Nがほしいです
  • Vたいです/たくないです
  • <場所>へV/Nに行きます
14課 簡単な依頼、指示、申し出をしたり、それに応じたりすることができる。今していることが言える。
  • 動詞のテ形
  • Vてください
  • すみませんが、Vてください
  • Vましょうか
  • 今Vています(進行中の動作)
15課 許可を求めることができる。禁止事項がわかる。家族や仕事などについて話せる。
  • Vてもいいです
  • Vてはいけません
  • Vています(結果の状態)
  • Vています(習慣的行為)
16課 日常生活について順を追って話せる。人、物、場所について、簡単に説明できる。
  • Vて、Vて、[それから]Vます。
  • <場所>までどうやって行きますか。…Vて、Vます。
  • Vてから、Vます
  • N1はN2が<形容詞>
  • <イ形容詞>くて、~
  • <ナ形容詞>で、~
  • <名詞>で、~
17課 規則、禁止事項が理解できる。しなければならないこと、しなくてもいいことが言える。
  • 動詞のナイ形
  • Vないでください
  • Vなければなりません
  • Vなくてもいいです
  • Nは(目的語の取り立て)
18課 できること、できないことが言える。趣味について話せる。
  • 動詞の辞書形
  • N/<V辞書形+こと>ができます(能力)
  • N/<V辞書形+こと>ができます(可能性)
  • 趣味はN/<V辞書形+こと>です
  • <V辞書形>/<Nの>まえに、~
  • <期間>まえに、~
19課 自分の経験について話せる。物事や状況の変化を言うことができる。
  • 動詞のタ形
  • Vたことがあります
  • Vたり、Vたりします
  • <イ形容詞>くなります
  • <ナ形容詞>になります
  • <名詞>になります
20課 親しい友達と普通体で自然な会話ができる。
  • 動詞文の<普通形/体>
  • イ形容詞文の<普通形/体>
  • ナ形容詞文の<普通形/体>
  • 名詞文の<普通形/体>
  • 後続句を用いた<普通形/体>
21課 意見、感想、予想を言うことができる。人の発言を別の人に伝えることができる。
  • <普通形>と思います(意見・感想)
  • <普通形>と思います(推量)
  • 「文」と言います
  • <普通形>と言います
  • <普通形>でしょう?
22課 連体修飾を使って、人や物を詳しく描写、説明することができる。
  • ~は<文の普通形>N<人/物/場所>です。
  • <文の普通形>N<人/物/場所>は~
  • <文の普通形>N<人/物/場所>を~
  • <文の普通形>N<人/物/場所>が~
  • <V辞書形>N<時間/約束/用事>があります。
23課 ある行為が行われることを、「~とき」を使って述べられる。機械などの使い方や道順の説明ができる。
  • <V普通形>とき、~
  • <イ形容詞>とき、~
  • <ナ形容詞>とき、~
  • <名詞>のとき、~
  • <V辞書形>とき、~
24課 「あげます/もらいます/くれます」が使い分けられる。他の人から受けた親切な行為を授受表現を使って言える。
  • <人>は[わたしに]<物>をくれます
  • [物は]<人>がくれました
  • <人>にVてげます
  • <人>にVてもらいます
  • <人>は(が)[わたしに]Vてくれます
25課 あることを仮定して、その条件下での判断や決定が言える。
  • [もし]Vたら、~(仮定条件)
  • [もし]Vなかったら、~(仮定条件)
  • [もし]<イ形容詞>かったら、~(仮定条件)
  • [もし]<ナ形容詞>だったら、~(仮定条件)
  • [もし]Nだったら、~(仮定条件)
  • Vたら、~(確定条件)
  • Vても、~/<イ形容詞>くても、~/<ナ形容詞>でも、~/Nでも、~

 

「みんなの日本語Ⅱ」はこちら≫「みんなの日本語Ⅱ」の26~50課の学習目標と学習項目(文型)

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事