N3(文法分析)

N3文法解説「~もの/~もん」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~もの/~もん」の説明です。

 

用法

接続

普通形+もの/もん
※なA~なんだもん/N~なんだもん

 

意味

  • ~から。
たのすけ
たのすけ
理由や言い訳を言うときに使います。

 

例文

  • A:「また失敗しちゃった」:「子供だもの。できなくても仕方がないよ 」
  • A:「もう帰るの?」B:「うん、まだ洗濯も掃除もしていないもの
  • A:「いつも勉強しているのね」B:「学生だもの。当たり前だよ」
  • A:「もうすぐ夕飯だから、お菓子食べないで待っていなさい」B:「え~、お腹空いちゃったもん。我慢できないよ」
  • A:「食べないの?」B:「だって嫌いなんだもん
  • A:「「どうして時間に遅れたの?」「だって時間が変わったの知らなったもん

 

注意事項

  1. くだけた会話の中で使われる。
  2. 「もの」は女性や子供が使う。「もん」は若者や子供が使う。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~もの/~もん」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。