N2(文法分析)

【N2文法解説】~ものだから/~もので/~もの|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ものだから/~もので/~もの」の説明です。

 

用法

接続

普通形+ものだから/もので *なA/N~だ→~な
普通形+もの

たのすけ
たのすけ
「です/ます」につくことも可能。上品な言い方で、女性が使う。

 

意味

  • 「~ので」と言い訳をする。
たのすけ
たのすけ
個人的な言い訳を言うときに使います。客観的な事実を表すので、「仕方がない」というニュアンスになります。

 

例文

  • 電車が遅れたものですから、遅刻してしまいました。
  • 最近忙しいもので、連絡ができませんでした。
  • 日本語がまだ下手なもので、失礼なことを言ったらすみません。
  • まだ学生なもので、社会のことはよくわかりません。
  • A:眠そうだね。 B:昨日寝られなかったものだから
  • A:注文しすぎじゃないですか。 B:お腹がすいているもので
  • A:魚、食べないの? B:うん、魚嫌いだもん

 

注意事項

  1. 話し言葉。
  2. 後に命令や意向を表す文は来ない。
  3. 「もの」は文末に使う。特に女性や子供が使う。
  4. 「ものですから/もので」の後の文は、省略することも可能。
  5. さらにくだけた言い方は、「もんだから/もんで/もん」

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~ものだから/~もので/~もの」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

日本語教師たのすけです。

以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。