N2(文法分析)

【N2文法解説】~かねない|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~かねない」の説明です。

 

用法

接続

Vます形+かねない

 

意味

  • (悪い結果になる)かもしれない。

 

意味

  • 田中さんはいつも遅刻するから、今日も遅刻しかねない
  • 1日にたばこを20本も吸っていたら、将来病気になりかねない
  • 雨に濡れたままでいると、風邪を引きかねない
  • 問題があったら部長に早く報告したほうがいいよ。もっと大きな問題になりかねない
  • 運転しながらメールを打っていたら、事故を起こしかねない
たのすけ
たのすけ
話し手の心配や不安、警戒している気持ちを表します。

 

注意事項

  1. 書き言葉。
  2. 自分のことには使えないが、自分でコントロールできないことには使える。(例)✕宿題をしないと先生に怒られかねない。←宿題をするかしないかは自分でコントロールできることなので、違和感。
  3. 現在の状態から悪い結果になるときに使う。いい結果になるときは使えない。いい結果になるときは「~かもしれない」を使う。(例)✕束の時間に(✕間に合いかねない 〇間に合うかもしれない)。←いいことは「~かねない」を使う。

 

類似文型との違い

~おそれがある

  • 「~おそれがある」よりも原因がはっきりしている。

【参考】N2文法解説「~おそれがある」

 

~かねる

【参考】N2文法解説「~かねる」

 

たのすけ
たのすけ
では!「~かねない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。