N2(文法分析)

N2文法解説「~にかかわりなく/~にかかわらず」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~にかかわりなく/~にかかわらず」の説明です。

 

用法

接続

N+にかかわりなく/かかわらず

Vるかどうか・VるVない+にかかわりなく/かかわらず

たのすけ
たのすけ
「~にかかわになく」より「~にかかわらず」の方が硬い言い方です。

 

意味

  • ~に関係なく。

 

例文

  • 値段にかかわりなく、新しいiPhoneが発売したら買うつもりだ。
  • このバスは距離にかかわらず、どこまで行っても200円だ。
  • パーティーに参加するかどうかにかかわりなく、連絡してください。
  • 雨が降る降らないにかかわらず、サッカーの試合は行われる。
  • 飲み放題は飲む飲まないにかかわりなく、全員お金を払う。
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項を見てください。

 

注意事項

  • 幅のある言葉(距離、金額、大きさ、天候など)や、対立する言葉(飲む⇔飲まない、多い⇔少ない、有無など)につく。

 

類似文型との違い

~を問わず

  • 「~を問わず」の接続はNのみ。
  • 「~かかわらず」は「~に関係なく、とにかく~」と後ろを強める。(例)値段(〇にかかわらず △を問わず)、新しいiPhoneが発売したら買うつもりだ。←「~にかかわらず」のほうがm「新しいiPhoneを買う!」という気持ちが強い。

【参考】~を問わず

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にかかわりなく/~にかかわらず」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。