N2(文法分析)

【N2文法解説】~にちがいない|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~にちがいない」の説明です。

 

用法

接続

普通形+にちがいない *なA~だである・N~だである

 

意味

  • (根拠があって)きっと~と思う。(推量)

 

例文

  • 今日は金曜日だから、居酒屋はどこも混んでいるにちがいない
  • いつも遅刻しない田中さんが遅れたのは、理由があるにちがいない
  • 5つ星ホテルのレストランはおいしいにちがいない
  • 田中さんは10人家族だから、田中さんの家はにぎやかにちがいない
  • いつも高そうな服を着ているので、お金持ちにちがいない

 

注意事項

  1. 話し手が確信を込めて言う言い方。
  2. 「たぶん~だろう」より「~にちがいない」の方が確信の度合いが強い。
  3. 書き言葉は「~相違ない」
  4. 独り言で言うことが多い。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にちがいない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。