N2(文法分析)

【N2文法解説】~のもとで/~のもとに|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~のもとで/~のもとに」の説明です。

 

用法

接続

N+のもとで/のもとに

 

意味

  • ~のもとで:~の影響を受けてあることをする。
  • ~のもとに:~の状況であることをする。

 

例文

  • 田中先生のもとで、N2を勉強している。
  • 鈴木コーチのもとで、毎日練習に励んでいる。
  • 子供の頃、祖母のもとで暮らしていた。
  • 合意のもとに、書類にサインをする。
  • 親の了解のもとに、日本へ留学に来た。
  • のもとに、私たちは平等だ。

 

注意事項

  1. 「~のもとで」は、人に表す言葉(先生、両親etc…)につき、「その人の影響を受けて」という意味になる。後件には、行為を表す文(励む・暮らすetc…)が来ることが多い。
  2. 「~のもとに」は、状況を表す言葉(合意・了承etc…)につき、「その状況・条件で」という意味になる。後件には、行為を表す文・状態を表す文(続いている・平等だetc…)などが来る。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~のもとで/~のもとに」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。