N2(文法分析)

N2文法解説「~はさておき」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~はさておき」の説明です。

 

用法

接続

N+はさておき

 

意味

  • 他にもっと大切なことがあるので、~はとりあえず話題から外す。

 

例文

  • A:料理できたよ! B:見た目はちょっと・・・。見た目はさせておき、味はいいね。
  • A:恋人とデートしないの? B:明日は試験なんだ、恋人はさておき、今は勉強するよ。
  • A:それは冗談だよ。 B:冗談はさておき、本当のことを言ってください。
  • A:学校の宿題終わった? B:まだ。宿題はさておき、今は休みを楽しもう!
  • A:旅行の日は決まったけど、どこ行く? B:どこへ行くかはさておき、アルバイトの休みを取らなきゃ。
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項②を見てください。

 

注意事項

  1. それまで話題になっていたことを表す言葉につくことが多い。
  2. 「疑問詞+か」にもつく。

 

類似文型との違い

~はともかく

  • 「~はさておき」と置き換え可能。
  • 「~はともかく」と「~はさておき」の違いは、「~はさておき」は、それまで話題にしていたときに使う。 (例1)A:この料理おいしくなさそう・・・。 B:見た目は(〇はさておき 〇はともかく)、味はおいしいよ。 (例2)見た目(✕はさておき 〇はともかく)、味はおいしいよ。←今まで話題にしていたことではないので、「~はさておき」は違和感。

【参考】~はともかく

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~はさておき」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。