N3(文法分析)

N3文法解説「~ことはない」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~ことはない」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形+ことはない

 

意味

  • ~する必要はない。
  • ~しなくてもいい。
たのすけ
たのすけ
励ましや忠告・アドバイスなど、相手に声をかけるときに使います。

 

例文

  • レポートは来週の金曜日までだから、急いで書くことはないよ
  • 時間があるから、あわてることはないよ
  • 心配することはないよ。絶対試験に合格できるよ。
  • わざわざスーツを着ることはないよ。今日は面接じゃないんだから。
  • なにも新しいシャツを買うことはないよ。ちょっと汚れただけなんだから。
  • この車はまだ乗れるので、新しい車を買うことはないよ
  • 謝ることはないよ。誰でも間違いはあるんだから。
  • そんなに怒ることはないでしょ!待ち合わせの時間に5分遅れただけなんだから。

 

注意事項

  1. 話し言葉。
  2. 「なにも~」「わざわざ~」と一緒に使うことが多い。

 

類似文型との違い

~ほどのことではない

  • 意味は「大したことではないので、~することはない」
  • 重大ではない様子を表す。(例)少し喉が痛いだけなので、病院へ行くほどのことではない

 

~までもない

  • 意味は「わざわざ~する必要はない」
  • 今のままで十分なので、それ以上する必要がない様子を表す。(例)熱があるときは薬を飲んで寝れば、病院へ行くまでもない

 

~ないことはない

  • 形は似ているが、意味は違う。
  • 意味は「無理すれば~できる」(例)野菜は嫌いだけど、食べられないことはない。(無理すれば食べられる)

【参考】~ないことはない

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ことはない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。