N3(文法分析)

N3文法解説「~がち」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~がち」の説明です。

 

用法

接続

Vます形/N+がち

 

意味

  • ~になることが多い。
  • しばしば~の傾向が多い。
たのすけ
たのすけ
マイナスイメージのときに使います。

 

例文

  • アルバイトで疲れていると、勉強しないでどうしてもがちだ
  • 一人暮らしだと、カップラーメンを食べがちになる。
  • 出かける前に時間がないと、うっかり忘れ物をがちだ
  • 友達は待ち合わせの時間に遅れがちで困る。
  • 最近曇りがちの天気が続いている。
  • 子供のころは病気がちだったので、よく学校を休んでいた。
  • 日本人は遠慮がちなので、自分の意見を言わない人が多い。
  • 田中さんは夢見がちだよね。そろそろ歌手になる夢を諦めて就職したほうがいいよ。

 

注意事項

  1. 後件には、好ましくないことが来る。
  2. 「どうしても/つい/うっかり」「~てしまう」と一緒に使うことが多い。
  3. 慣用表現がある。(遠慮がち・伏し目がち・夢見がち)

 

類似文型との違い

~気味

  • 意味は「少し~様子がある」
  • 「~気味」は現在の様子に使うが、「~がち」は何回か繰り返されてその状態になっていることを表す。(例)レポートの提出が遅れ気味だ。(現在、提出が少し遅れている) (例2)レポートの提出が遅れがちだ。(今だけでなく、最近遅れることが多い)

【参考】~気味

 

~っぽい

  • 意味は「~のような感じがする」(例)田中さんは子供っぽい。(田中さんは大人だが、子供のような感じがする)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~がち」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。