N3(文法分析)

N3文法解説「~てならない」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~てならない」の説明です。

 

用法

接続

Vて形/いA~くて/なA~で+ならない

 

意味

  • とても~だ。
たのすけ
たのすけ
強い感情がわき起こって我慢できないときに使います。

 

例文

  • 試合に負けたことが、悔しくてならない
  • 彼女に振られて、悲しくてならない
  • 昨日は寝なかったので、授業中眠くてならなかった
  • もう22時なのに子供が家に帰ってこない。心配でならない
  • 初めてみんなの前でスピーチするので、不安でならない
  • N3に合格したかどうか、気になってならない
  • 父の眼鏡を見ると、死んでしまった父が思い出されてならない
  • 誰かが死んでしまう映画を観ると、泣けてならない

 

注意事項

  1. 感情や感覚の形容詞を使う。
  2. 一人称に使う。三人称の場合、文末が推量の形になる。
  3. 少し古い言い方。
  4. 動詞は自然にそうなる自発動詞が多い。
たのすけ
たのすけ
思える・思い出される・思われる・感じられる・泣ける・見える・気になる・悔やまれるなどです。

 

類似文型との違い

~てたまらない

  • 意味は「とても~/我慢できないほど~」
  • 「~てたまらない」は「~てならない」よりカジュアルな場面で使う。
  • 「~てならない」と違い自然にそうなる動作には使えない。(例)誰かが死んでしまう映画を観ると、悲しくて(✕たまらない 〇ならない)。

【参考】~てたまらない

 

~てしょうがない

  • 意味は「とても~で、我慢できない」
  • 強い感情や感覚がわき起こって抑えられないときに使う。(例)のどが渇いてしょうがない

【参考】~てしょうがない

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~てならない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。