N3(文法分析)

N3文法解説「~とか~とか」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~とか~とか」の説明です。

 

用法

接続

普通形+とか+普通形+とか
*なAとNは「だ」がなくてもよい。

たのすけ
たのすけ
名詞を修飾する場合は、「~とか~とかいったN」「~とか~とかいうN」「~とか~とかのN」になります。

 

意味

  • ~や~など。(いくつかの例を示す)

 

例文

  • 日本語を使いたいなら、アルバイトをするとか交流会に参加するとかしたらどう?
  • 友達が結婚するとかしないとか言って、もう10年も同棲している。
  • 田中さんのことを好きとか嫌いとか言っていたけど、本当はどっち?
  • 留学生活は楽しいけど、大変だとか寂しいとか聞いたよ。
  • 子供は忙しいとか疲れたとか言って、勉強しない。
  • 海外ではドラえもんとかワンピースとかのアニメが人気だ。
  • 食べ放題に行ったら、お寿司とか天ぷらとかを食べるつもりだ。
  • FacebookとかTwitterとかいうSNSは好きじゃありません。

 

注意事項

  1. 話し言葉・書き言葉の両方で使われる。
  2. 同じカテゴリーの例を挙げるときに使う。
  3. 「~や~など」よりもカジュアルな言い方なので、目上の人に使うと失礼になる。

 

類似文型との違い

~だの~だの

  • 意味は「~や~など」
  • 「~だの~だの」には不満や非難の気持ちがあるときに使う。(例)母は勉強しろだの部屋を片付けろだの、うるさい。

【参考】~だの~だの

 

~やら~やら

  • 意味は「~や~など/~たり~たり」
  • 「~やら~やら」は、いろいろあって大変だ・複雑だと思っているときに使う。(例)娘が結婚するのは、嬉しいやら寂しいやら複雑な気持ちだ。

【参考】~やら~やら

 

たのすけ
たのすけ
では!「~とか~とか」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。