N3(文法分析)

N3文法解説「~は別として」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~は別として」の説明です。

 

用法

接続

N+は別として
V普通形/いA普通形/なA普通形+かどうか+は別として

 

意味

  • ~は考えないで。~例外だが。
  • ~については問題にしないで。

 

例文

  • 見た目は別として、味はおいしい。
  • 結果は別として、努力したことが大切だ。
  • 英語は別として、他の外国語は話せない。
  • 給料は別はして、今の会社は人間関係がとてもいい。
  • 彼女と付き合えるかどうかは別として、彼女に告白するつもりだ。
  • 買うかどうかは別として、試着してみよう。
  • おいしいかどうかは別として、青汁は身体にいい。
  • 楽しいかどうかは別として、給料のいい会社に就職したい。
  • 上手かどうかは別として、一生懸命歌っている。

 

注意事項

  • 「は別にして」と置き換えられる。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~は別として」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。