N3(文法分析)

【N3文法解説】~べきだ/~べきではない|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~べきだ/~べきではない」の説明です。

 

用法①

接続

V辞書形+べきだ/できではない *する→するべきだ/すべきだ

 

意味

  • (社会通念上・道徳・常識的に)~するのが当然だ/~したほうがいい/~しないほうがいい。

 

例文

  • 借りたお金はすぐに返すべきだ
  • 約束は守るべきだ
  • 年上や目上の人には敬語を使うべきだ
  • 困っている人がいたら助けるべきだ
  • 人を見た目で判断するべきではない
  • 人の悪口は言うべきではない

 

用法②

接続

V辞書形+べきだ/できではない *する→するべきだ/すべきだ

 

意味

  • ~したほうがいい。(勧め)
  • ~してはいけない/~しないほうがいい。(忠告)

*相手の行為に対して使う。

 

例文

  • A:仕事を辞めたい・・・。 B:続けるべきだ。/辞めるべきではない
  • 明日はテストだから、今日は勉強するべきだ勉強すべきだ
  • 毎日遅刻ギリギリなのだから、あと5分早く起きるべきだ
  • 子どもが悪いことをしたら怒るべきだ
たのすけ
たのすけ
文末の青いマーカーに注目!相手に勧めるときや忠告するときに使うので、「よ」を一緒に使っています。

 

形が似ている文型

~べきだった/~べきではなかった

  • 意味は「~しなければよかった」(例)N3に不合格だった。もっと勉強するべきすべき)だった。

【参考】~べきだった/~べきではなかった

 

たのすけ
たのすけ
では!「~べきだ/~べきではない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。