N3(文法分析)

【N3文法解説】~わけではない|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~わけではない」の説明です。

 

用法

接続

普通形+わけではない *なA~だ→な/である、N~だ→の/である

 

意味

  • 決して/特に/全部~ではない。(部分否定)

 

例文

  • お金に困っているわけではないけど、旅行のために節約している。
  • 怒っているわけではない。もともとこんな顔なので、仕方がない。
  • この映画は有名なわけではないが、おもしろい。
  • 彼のことを嫌いなわけではないけど、好きじゃない。
  • 雑誌で紹介されていたが、このレストランは特別おいしいわけではない
  • いつも電話に出られるわけではないので、LINEして。

 

類似文型

~というわけでない/~のではない

  • 「~わけではない」と同じ意味。(例)お金に困っている(〇わけではない 〇というわけではない 〇のではない)けど、旅行のために節約している。
たのすけ
たのすけ
「~」の部分が長いときは、「~というわけではない」を使ったほうがいいです。「~わけではない」「~というわけではない」「~のではない」は3つとも接続が違うので注意!

 

~とは限らない

  • 意味は「必ず~とは言えない」 (例)お金持ちがみんな幸せであるとは限らない

【参考】~とは限らない

 

たのすけ
たのすけ
では!「~わけではない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。