N3(文法分析)

【N3文法解説】~っぽい|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~っぽい」の説明です。

 

用法

接続

Vます形/A~/N+っぽい

 

意味

  • ~のような感じがする/~がたくさんある。
  • すぐに~する。

 

例文

  • 私の彼は子供っぽい。すぐに怒るし、考え方も子供だ。
  • 木村さんはっぽい。髪も短いし、化粧もしないし、いつもズボンを履いている。
  • 彼女はいつもブランドのバッグを持っている。っぽく見えるバッグや服は着ない。
  • 今日はっぽいので、早退させていただけませんか。
  • 部長は忘れっぽいので困っている。
  • 新しいことを始めても飽きっぽいので、続かない。
  • 彼女は怒りっぽい。怒らせないように、気をつけている。

 

注意事項

  • 人の性質を表すときは、マイナス評価を表すことが多い。(例)子供っぽい、愚痴っぽい、怒りっぽい、忘れっぽい

 

類似文型との違い

~らしい(典型)

  • 意味は「~のイメージと同じだ/実際に~だ」(例)先生はいつもシャツとスーツを着て、先生らしい服を着ている。
  • 「~らしい」は本当にそうだが、「っぽい」は本当は違う。(例1)田中さんは男らしい。←本当に男。 (例2)田中さんは男っぽい。←本当は女の人だが、男の人のような感じがする。

【参考】~らしい(典型)

 

~がち

  • 意味は「~になることは多い/しばしば~の傾向が多い」(例)子供のころは病気がちだったので、よく学校を休んでいた。
  • マイナスイメージのときに使う。

【参考】~がち

 

~気味

  • 意味は「少し~のような感じがする」(例)喉が痛い。風邪気味だ
  • マイナス評価の場合が多い。

【参考】~気味

 

たのすけ
たのすけ
では!「~っぽい」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。