N3(文法分析)

【N3文法解説】~てみせる|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~てみせる」の説明です。意味は2つあります。

 

用法①(手本)

接続

Vて形+みせる

 

意味

  • (相手のために)実際に~する。(手本)
たのすけ
たのすけ
具体的に行動して、相手にわかるように示すときに使います。

 

例文

  • 私がやってみせるので、真似してください。
  • 難しいので、やってみせていただけませんか。
  • マイケルジャクソンのムーンウォークって難しいね。踊ってみせてくれない?
  • 女の子は「もう泣いていないよ」と言って、笑ってみせた
  • 「薔薇」の漢字がわからなかったので、先生に書いてみせてもらった。

 

注意事項

  • 漢字で書くと「て見せる」になる。意味は、人にわかるように見えるようにすること。

 

類似文型との違い

~てみる

  • 意味は「実際に~する/試しに~する」(例)このお菓子おいしいから、1個食べてみて
  • 意志動詞につく。

 

用法②(決意)

接続

Vて形+みせる

 

意味

  • 絶対~する。(決意)
たのすけ
たのすけ
話し手の強い気持ちを表します。

 

例文

  • 次の試合では絶対に勝ってみせる
  • N3に合格してみせる
  • 必ず1ヶ月で5キロ痩せてみせる
  • 30歳までに結婚してみせる
  • きっと将来は医者になってみせる

 

注意事項

  1. 意志動詞と一緒に使う。
  2. 必ず/きっと/絶対」と一緒に使うことが多い。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~てみせる」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。