N1(文法分析)

N1文法解説「ただ~のみ」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N1文法「ただ~のみ」の説明です。

 

用法

接続

ただ+V辞書形/いA~い/なA~である/N(である)+のみ

たのすけ
たのすけ
Ⅲグループの動詞は「する」が「ある」になることが多いです。(例)勉強する→勉強ある

 

意味

  • ただ~だけ。
たのすけ
たのすけ
「それ以外にはない」と強調するときに使います。

 

例文

  • N2の試験が終わった。今はただ結果を待つのみだ。
  • 彼女に振られてしまった。彼女のことを考えないように、ただ仕事をするのみだ。
  • 宝くじが当たるように、ただ祈るのみだ。
  • 大学に合格したいので、ただ勉強あるのみだ。
  • 初めてスノーボードをしたが、ただ転んで痛いのみで楽しくなかった。
  • あのレストランはただ有名であるのみで、サービスはよくなかった。
  • 子供たちが家で留守番している。ただ下の子供のみ心配だ。
  • 1ヶ月アメリカへ留学したが、話せるのはただ挨拶のみだ。

 

注意事項

  • さらに強調するときは「ただただ」を使う。(例)ただただ子供の無事を祈るのみだ。

 

たのすけ
たのすけ
では!「ただ~のみ」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。