日本語教師

中上級の教え方4つ | 初級の次は中級を教えられる日本語教師に!

中上級の教え方
Pocket

こんにちは。日本語教師×新米教師のたのすけです。

この記事は、「中級」「上級」とはどのようなレベルなのか、中上級を教えるときにどのようなことを意識すればいいのかを紹介しています。

 

日本語教師になったばかりの頃は、初級の授業でも大変ですよね。しかし、初級にも慣れてくると、次は中級以上のクラスを教えることになります。

「中上級ってどんな教え方をすればいいの?」「初級と何が違うの?」と、不安に思っている日本語教師の方もいるのではないでしょうか。

実際に、たのすけも最初の頃は、中級以上なんて教えられないと思っていました。しかし、初級しか教えられないのでは、日本語教師の幅が広がりません。

ぜひ、中級以上も教えられるようになりましょう。

 

  • 「中級」や「上級」ってどの程度のレベル?
  • 「中上級」を教えるときに、どんなことを意識すればいいの?
  • 初級は教えられるようになったら、次は中級も教えられるようになりたい

 

一つでも当てはまる方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

国際交流基金が出している日本語教授法シリーズ「中・上級を教える」という本を参考にして、記事を書きました。

 

「中級」「上級」のレベルとは

本と豆電球

まずは、中級と上級のレベルについて知りましょう。

国際交流基金が出している『中・上級を教える』という本では、中級と上級のレベルを次のように設定しています。

中級のレベル

身近な話題だけでなく、一般的な話題について、聞いたり話したり、やり取りをしたり、読んだり書いたりすることができるレベル。やや複雑な構文を含むまとまりのある文章や発話などを理解したり産出したりできる。やや複雑な課題にも対応でき、連続したやり取りや、相手に配慮したコミュニケーションもできる。

参照:国際交流基金 日本語教授法シリーズ 第10巻「中・上級を教える」

初級では、身近な話題についてしか話せませんでしたが、中級になると話題がぐっと広がって、一般的な話題についても話せるようになります。

また、単語や短文ではなく、ある程度まとまりのある文で話すことができます。

 

上級のレベル

社会生活におけるほとんどの場面で、大きな問題なく、さまざまな状況や相手に配慮した適切なコミュニケーションができるレベル。複雑で困難な課題や、専門的な話題や抽象的な内容についても対応できる。

参照:国際交流基金 日本語教授法シリーズ 第10巻「中・上級を教える」

中級から上級になると、さらに専門的で抽象的な内容について対応できるようになります。

「抽象的」ってすごく難しいんですよね。日本人でも、抽象的なことを説明しようとすると、説明できなかったりします。

抽象的な内容にも対応できるようになったら、上級だと思ってください。

 

「中上級」を教えるときの基本的な考え方

本と家族

「中上級」を教えるときに、課題遂行を目的にした場合の基本的な考え方は、4つあります。

  1. 内容重視である
  2. インプットからアウトプットを意識する
  3. いくつかの技能を組み合わせた授業を組み立てる
  4. 流暢さ(ペラペラ感)を育てる

それでは、詳しく説明します。

 

1.内容重視である

初級の頃は、語彙や文法などの形式に重点を置きますが、中上級では内容そのものやメッセージを重視します。中上級では、語彙や文法などは、これらの活動を通して運用力を高めていきます。

 

例えば、授業で健康について取り扱ったとします。

そのとき、テーマの表面的な部分を理解して終わるのではなく、新聞や雑誌など、いろいろな媒体から記事を読んで、理解を深めます。それから、自分の意見を述べることを目指します。

 

2.インプットからアウトプットを意識する

運用力をつけるには、たくさんのインプットをして、「理解できるインプット」になることが条件だと言われています。

理解できるインプットになるためには、背景知識や文脈・場面を利用して、「推測」や「予想」をします。

アウトプットをすると、自分の日本語能力が十分でないことに気がつき、インプットに注意をするようになります。このようにインプットからアウトプットへの流れを繰り返し、運用力を伸ばしていきます。

 

ポイントは次の2つです。

  • 「理解できるインプット」にするために、「背景知識」や「文脈・場面」を利用し、「推測」や「予測」をできる能力を育てる。
  • アウトプットで日本語力が不十分であることに気づかせる。

 

3.いくつかの技能を組み合わせた授業を組み立てる

中上級の授業を考えるときは、「読む」「聞く」「書く」「話す」のどれかの技能だけをするのではなく、いくつかの技能を組み合わせることで、実際のコミュニケーション活動と近くなります。

例えば、環境問題を授業で取り上げた後に、新聞の記事を読んだりニュースを見たり、本を読んでレポートを書いたり、クラスメイトとディスカッションをするなどです。

 

4.流暢さ(ペラペラ感)を育てる

初級のときは正確さに重点が置かれがちですが、中上級では、流暢さ(ペラペラ感)を高めることが重要です。

言語を話すときは、正確さだけでなく、流暢さも求められるからです。

流暢さは言語知識があるだけでは、ペラペラ感は出せません。その持っている知識を瞬時に引き出して使えるようになることが必要です。

アウトプットを繰り返すことで、持っている言語知識を瞬時に使えるようになり、流暢に話せるようになります。

 

まとめ

本と豆電球

中上級を教えるときに、どのようなことを意識したらいいのかわかったでしょうか。

学生だけでなく、私たち日本語教師も日々勉強です。日本語教師としての幅を広げるためにも、中級以上を教えられるようになりましょう。

そのときに、今回紹介した「中上級を教えるときの考え方」を意識してみてくださいね^^

 

日本語教師のまとめ記事はこちら>>日本語教師のまとめ記事

 

以上、たのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

美容マニアおすすめのアイテムはこちら
Pocket

ノーフェンデを目指すならこの2つ♪
>>P.G.C.D.の洗顔石鹸の口コミ | ノーファンデになれる洗顔石鹸
>>洗顔でくすみ対策!顔を洗うジェル「アクアクリーナー」の体験談

108円でまつげが伸びます!
>>「108円のRローションでまつげが伸びる!?」噂を調べてみた

Twitterフォローもお願いします♪

現役の日本語教師たのすけです。

日本語教師のことや美容のことなどざっくばらんに書いています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。