N3(文法分析)

【N3文法解説】~によって|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~によって」の説明です。「~によって」は意味が複数あります。

 

用法①(原因・理由)

接続

N+によって/による/により

 

意味

  • ~が原因で、ある結果になる。

 

例文

  • 地震によって人が亡くなった。
  • によって電車が止まって、学校に遅刻してしまった。
  • 音楽を聞きながら自転車を運転するのは、法律によって禁止されている。
  • 最近、バイクによる事故が増えている。
  • によりサッカーの試合が中止になった。
  • 台風により、明日の飛行機はキャンセルになった。

 

用法②(手段・方法)

接続

N+によって/による/により

 

意味

  • ~の方法・手段で。

 

例文

  • インターネットによっていろいろな情報が簡単に手に入る。
  • プレースメントテストによってクラスを決める。
  • 最近はFacebookやTwitterなどのSNSによってコミュニケーションを取るのが便利になった。
  • JLPTの結果は葉書によりお知らせします。
  • 面接の結果はメールによりご連絡します。

 

注意事項

  • 日常的な道具など(電話、ペン、電車)を個人的に使う場合は「で」を使う。 (例)ペン(✕によって 〇で)手紙を書く。

 

類似文型との違い

~を通じて/~を通して

  • 意味は「~を媒介・手段として」(例)日本の漫画を通じて、日本文化を知った。

【参考】~を通じて/~を通して(用法①)

 

用法③(受け身の動作主)

接続

N+によって

 

意味

  • 受身の動作主を表す。

 

例文

  • 電話はベルによって発明された。
  • アメリカ大陸はコロンブスによって発見された。
  • 「ハリーポッター」はJ.K.ローリングによって書かれた。
  • この絵は有名な画家によって描かれた。

 

注意事項

  • 「~によって」を使うのは、動作主が有名な人の場合。
  • 何かを生み出す動詞のときは、「に」は使えず「によって」を使う。 (例)書く、作る、設計する

 

用法④(場合・それぞれ~)

接続

N+によって/による/により/によっては

 

意味

  • 場合で/それぞれ~違う。

 

例文

  • によって言葉が違う。
  • によって考え方が異なる。
  • 文化はによって違うので、おもしろい。
  • 気温によって服装を変える。
  • 部長はその日の気分によって態度が変わるので、困る。
  • 宅急便は重さによって値段が変わる。

 

類似文型との違い

  • 意味は「~に対応して/~に合うように」(例)アルバイトの給料が時間に応じて変わる。

【参考】~に応じて

 

~次第だ/~次第で

  • 意味は「~によって決める」(例)明日の天気が行われるかどうかは、天気次第だ

【参考】~次第だ/~次第で

 

用法⑤(根拠・よりどころ)

接続

N+によって/により/による

意味

  • それを根拠・よりどころにして~。

 

例文

  • 明日の試合は天気によって行うかどうか決める。
  • 先生の指導によってN2に合格することができた。
  • レポートよりも出席率により成績を決める。
  • 日本では法律によって20歳未満の飲酒は禁止されている。
  • 恒例によって会議の後には飲み会がある。
たのすけ
たのすけ
「恒例によって」は慣用句で、「いつものように」という意味です。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~によって」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。