N2(文法分析)

N2文法解説「~まで/~までして/~てまで」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~まで/~までして/~てまで」の説明です。

 

用法

接続

N(+助詞)+まで/までして
Vて形+まで

 

意味

  • ~という極端な程度の状態だ。
たのすけ
たのすけ
文全体の意味は「避難・疑問・驚き」の気持ちを表します。

 

例文

  • 一年日本語を勉強して、日本語のニュースまでわかるようになった。
  • 私の母は料理が上手だ。フランス料理まで作れる。
  • 徹夜までして勉強したのに、テストが悪かった。
  • 家族にまで迷惑をかけてしまった。
  • このラーメンは2時間並んでまで食べる価値がある。
  • この料理はおいしくない。お金を払ってまで食べなくてもいい。
  • 親を悲しませてまで、悪いことはしたくない。

 

注意事項

  • 極端で意外性のある言葉につく。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~まで/~までして/~てまで」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。