N2(文法分析)

【N2文法解説】~ものがある|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ものがある」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形・Vない形/いA~い/なA-だ~な+ものがある

たのすけ
たのすけ
話者の感情を表す言葉につきます。

 

意味

  • ~という感じがある。
たのすけ
たのすけ
話者が強く感じたことを表すときに使います。

 

例文

  • オリンピックには人を感動させるものがある
  • 楽しみにしていたイベントが注意になった。理由には、納得いかないものがある
  • 人が殺されたニュースを聞くのは辛いものがある
  • 親友が結婚したのは、嬉しいものがある
  • 子供が少なくなったので、私が通った小学校が来年でなくなる。母校がなくなるのは、寂しいものがある。
  • 子供が夜、一人で歩くのは危険なものがある
  • 最後の最後で諦めなければならないのは、残念なものがある
  • 子供の成長には目を見張るものがある

 

注意事項

  • 「目を見張るものがある」は慣用句で、意味は「素晴らしい」

 

類似文型との違い

~ものだ

  • 意味は「本当に~だなぁ」(例)娘がわがままで、困ったものだ
  • 心に強く感じたことや、驚いたり感心したりしたことを感情を込めて言うときに使う。

【参考】~ものだ(用法②)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ものがある」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

日本語教師たのすけです。

以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。