N3(文法分析)

N3文法解説「~上に」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~上に」の説明です。

 

用法

接続

普通形+上に
N‐n/である、なA‐な/である の形もある。

 

意味

  • ~だけでなく、さらに(いいことや悪いことが重なる)。
たのすけ
たのすけ
「~上に」を使うことで、評価を強調します。

 

例文

  • 鈴木さんは日本語の先生である上に、ピアノの先生でもある。
  • 田中さんは、ハンサムな上に、優しい。
  • 私の仕事は大変である上に、給料も高くない。
  • IPhoneは使いやすい上に、カメラの性能もいい。
  • 彼の家は狭い上に、ごみがたくさんあって汚い。
  • 家の中に食べるものがない上に、買うお金もない。
  • 有名な歌手に会えた上に、一緒に写真も撮ってもらった。

 

注意事項

  1. 前後には、「+と+」「-と-」の同じ評価の言葉が来る。(例)サイゼリヤは安い(+)上に、おいしい(+)。
  2. 「~上に」の「に」は省略することも可能。(例)この映画は長い、つまらない。
  3. 後件に、働きかけの文はこない。(例)仕事が忙しい上に、働きたくない。✕

 

類似文型との違い

~に加えて

  1. 意味は、「~だけでなく、さらに」(例)22時以降に食事すると、食事代に加えて、サービス料も払わなければならない。
  2. やや改まった表現。

【参考】~に加えて

 

~ばかりでなく…も

  1. 意味は、「~だけでなく、さらに…」。「~」には当たり前の事柄がくる。(例)お菓子ばかり食べていたら、太ったばかりでなく、顔にニキビたくさんできてしまった。
  2. やや改まった表現。

【参考】~ばかりでなく…も

 

~上で

  • 意味は「まず~して、それから~(順序)」(例)書類はよく確認した上で、サインしてください。

【参考】~上で

 

たのすけ
たのすけ
では!「~上に」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。