N2(文法分析)

N2文法解説「~上で」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~上で」の説明です。

 

用法

接続

Vた形/Nの+上で

たのすけ
たのすけ
動詞は意志動詞を使います。

 

意味

  • まず~して、それから~。(前提)
たのすけ
たのすけ
「A上でB」でAが条件となってBに至ることを表します。

 

例文

  • 書類はよく確認した上で、サインしてください。
  • 夫婦で何回も話し合った上で、離婚を決めた。
  • 将来のことをよく考えた上で、大学を決めたほうがいい。
  • 内容を理解した上で、申し込んでください。
  • 説明書を読んだ上で、わからなかったら聞いてください。
  • 靴はお店で履いた上で、買うかどうか決める予定だ。
  • 書いていることを確認の、印鑑を押してください。
  • 私たちのレストランは週末混んでいるので、ご予約の上、お越しください。
  • 上司に相談の上、ご連絡します。

 

注意事項

  1. 少し硬い言い方。
  2. 「~上」は「~上で」よりも改まった言い方。
  3. 前件には確認や手続きを表す言葉が多い。
  4. 前後の行動が当然の順序の場合は使えない。(例)鍵を開けたで、家に入る。✕←鍵を開けないと家に入れないので、使えない。
  5. 前件・後件で主語は同じ。

 

類似文型との違い

~てから

  • 「AてからB」は、時間的にAが先であることを表す。「A上でB」は、Aを条件にBすることを表す。(例)顔を(〇洗ってから ✕洗った上で)、朝ごはんを食べる。

 

~上(に)

  • 意味は「~だけでなく、さらに(いいことや悪いことが重なる)」(例)田中さんはハンサムな上に、優しい。

【参考】~上に

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~上で」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。