N2(文法分析)

N2文法解説「~ものだ」(物事の本質/感慨/回顧)

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ものだ」の説明です。意味は3つあります。

 

用法①(物事の本質)

接続

V辞書形/Vない形/いA~い/なA~な+ものだ

 

意味

  • ~するのが当然だ。
  • 本来/一般的に~だ。
たのすけ
たのすけ
個人の意見ではなく、道徳的・社会的な常識について「~する/~しないのが常識ですよ」と言うときに使います。

 

例文

  • みんなの前でスピーチするのは緊張するものだ
  • 田中さんは怖そうなのに、とてもやさしい。人は見た目ではわからないものだ
  • 病院や電車の中では、携帯電話で使わないものだ
  • 人の悪口は言うものではない
  • A:「また新しい服や靴を買ったの?お金は大切にするもんだよ。」B:「はーい」
  • A:「子供は元気なもんだ。家でゲームばかりしていないで、外で遊んで来なさい」B:「え~!」

 

注意事項

  1. 話し言葉は「~もんだ」「~もんじゃない」
  2. 過去形にはならない

 

類似文型との違い

~というものだ

  • 意味は「本当に~だと思う」(例)大変なこともあればいいこともある。それが人生というものだ
  • 「~というものだ」のほうが「~ものだ」に比べて、客観性がある。

【参考】~というものだ

 

用法②(感嘆)

接続

V普通形/A普通形+ものだ
*なA-だ~な、Nにはつかない

 

意味

  • 本当に~だなぁ。
たのすけ
たのすけ
心に強く感じたことや、驚いたり感心したりしたことを感情を込めて言うときに使います。

 

例文

  • 最近疲れやすくなった。歳を取ったものだ
  • 娘はわがままで、困ったものだ
  • 時間が経つのは早いものです
  • シェアハウスで生活するのは楽しいものだ
  • 妻もいて子供もいて、本当に幸せなものだ
  • スマホは便利なものだ。どこでもインターネットで調べられるし、GoogleMapのおかげで道に迷わなくなった。
  • 田中さんは本当に絵が上手なものだ
  • A:「見て!富士山、綺麗だね」B:「本当だ!富士山に登ってみたいもんだ

 

注意事項

  1. 会話では「~もんだ」を使う。
  2. 「~したい」「~ほしい」の願望を表す言葉について、気持ちを強調する。

 

類似文型との違い

~ものがある

  • 意味は「~という感じがある」(例)オリンピックには人を感動させるものがある

【参考】~ものがある

 

用法③(回想)

接続

Vた形+ものだ

 

意味

  • よく~したなぁ。
たのすけ
たのすけ
昔よくしたことを懐かしんで言うときに使います。

 

例文

  • 子供のころ、よく公園でサッカーしたものだ
  • 小学生のころ、よく兄と喧嘩したものだ
  • 大学生のころは、毎日毎日アルバイトばかりしたものだった。
  • 10年前日本に来たばかりのときは、よく駅前の図書館で勉強したものです
  • A:「この映画館覚えてる?」B:「うん。昔はよくデートで映画を観たもんだね」

 

注意事項

  1. 会話では「~もんだ」を使う。
  2. 習慣的なことを述べるので、「よく」と一緒に使うことが多い。
  3. 「~ものだった」の形にすると、より感慨がこもった言い方になる。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ものだ」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。