N3(文法分析)

【N3文法解説】~かのようだ/~かのように|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~かのようだ/~かのように」の説明です。

 

用法

接続

V・A普通形+かのようだ/かのように
なA・N+であるかのようだ/であるかのように

たのすけ
たのすけ
名詞に接続するときは「~かのようなN」になります。

 

意味

  • (実際は違うのに)~ように見える・感じる。

 

例文

  • 今日は10月なのに、30度もある。まるでであるかのようだ
  • あまりにも疲れたのか、まるで死んでいるかのように眠り続けた。
  • けんかしていたのに、さも何事もなかったかのように話している。
  • 彼はあたかも私が悪者であるかのように話す。
  • 友達に久しぶりに会ったら、病気であるかのように痩せていた。
  • まるで生きているかのような像だ。
たのすけ
たのすけ
青いマーカーに注目!注意事項を見てください。

 

注意事項

  • 「まるで/あたかも/いかにも/さも」などの比喩の意味の副詞と一緒に使うことが多い。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~かのようだ/~かのように」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。