N3(文法分析)

N3文法解説「~まま」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~まま」の説明です。

 

用法

接続

Vた形/Vない形・いA~い・なA~な・N~の+まま

たのすけ
たのすけ
動詞に接続することが多いです。

 

意味

  • 同じ状態で何も変化せずに続いている。

 

例文

  • ホテルは靴を履いたままでいいです。
  • 鍵をかけないまま出かけてしまった。
  • 祖母にはいつまでも元気なままでいてほしい。
  • このスープは冷たいままのほうがおいしい。
  • この町は昔のまま変わっていない。

 

注意事項

  1. あまり普通ではないときに使う。(例)息子が家を出たまま帰ってこない。
  2. 存在を表す動詞(ある、いる)や状態を表す動詞(困る、要る)は接続しにくい。(例)昨日は家にいたまま、どこへも行かなかった。

 

類似文型との違い

~っぱなし

  • 意味は「~まま」と同じ。
  • 「~まま」と「~っぱなし」は、視点が異なる。「~っぱなし」は、そのままにしておくことに対する不満や非難の気持ちがある。(例1)服を脱いだままにしないでください。←脱いだ状態に視点がある。 (例2)服を脱ぎっぱなしにしないでください。←服を脱いでそのままの状態にしたことに視点があり、非難の気持ちがある。

【参考】~っぱなし

 

~きり

  • 意味は「~して、そのままずっと…」(例)彼とは5年前に別れたきり、一度も会っていない。

【参考】~きり

 

~て、・・・

  • 意味は「~します。それから、その状態で~します」
  • その状態で動作をするときは置きかえられるが、何も動作がない場合は置き換えができない。(例1)靴を(〇脱いだまま 〇脱いで)、入ってください。  (例2)〇電気をつけたままにする。 ✕電気をつけて、・・・・。←動作がないため、置き換え不可。

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~っまま」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。