N1(文法分析)

【N1文法解説】~であれ/~であろうと|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N1文法「~であれ/~であろうと」の説明です。

 

用法

接続

N/疑問詞+であれ

 

意味

  • ~でも関係なく。

 

例文

  • 私はどこであれ、寝られる自信がある。
  • であれ、言いたくないことはあります。
  • 何歳であれ、好きなことをしている人は元気だ。
  • たとえであれ、プレゼントは嬉しいです。
  • どんな理由であろうと、人の物を盗んではいけません。
  • たとえ家族であろうと、お金は借りないほうがいい。
  • ブラック企業であろうとも、3年は辞めないつもりだ。

 

注意事項

  1. 後件には、話者の主観的判断や推量が来る。
  2. 「たとえ・どんな」と一緒に使うことが多い。

 

類似文型との違い

~であれ~であれ/~であっても~であっても

  • 意味は「~でも~でも関係なく」(例)彼がお金持ちであれ貧乏であれ、彼のことが好きだ。

【参考】~であれ~であれ/~であろうと~であろうと

 

たのすけ
たのすけ
では!「~であれ/~であろうと」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。