N2(文法分析)

【N2文法解説】~ないものか/~ないものだろうか|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ないものか/~ないものだろうか」の説明です。

 

用法

接続

Vない形+ものか/ものだろうか

たのすけ
たのすけ
可能動詞や話者の意志がない動詞につきます。

 

意味

  • ~ないだろうか。(希望)
たのすけ
たのすけ
「実現は難しいが、何とか~てほしい」ときに使います。

 

例文

  • なんとか母の病気が治らないものか
  • 今よりお給料が高くて残業がない仕事がないものかと考えている。
  • 子供のころ、鳥みたいに空を飛べないものかと思っていた。
  • なんとかして恋人とよりを戻せないものかと考えている。
  • 楽してお金を稼ぐ方法はないものだろうか
  • 宝くじが当たらないものだろうか
  • A:「やりたいこといっぱいあるし、120歳まで生きられないものかな」B:「うーん、120歳は難しかもね」

 

注意事項

  1. 「なんとかして」「なんとか」と一緒に使うことが多い。
  2. 話し言葉では「~ないものかな」「~ないものかしら」になる。

 

類似文型との違い

~ものか

  • 意味は「絶対~ない」(例)このレストランはおいしくないし、サービスもよくない。二度と来るものか

【参考】N2文法解説「~ものか」

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ないものか/~ないものだろうか」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

日本語教師たのすけです。

以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。