N2(文法分析)

N2文法解説「~を抜きにしては」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~を抜きにしては」の説明です。

 

用法

接続

N+を抜きにしては

 

意味

  • ~がなければ。
たのすけ
たのすけ
ある事柄を考えに入れないと、実現が難しいときに使います。

 

例文

  • を抜きにしては、試合で優勝できなかっただろう。
  • 経済力を抜きにしては、どんなに好きでも結婚できない。
  • スマホを抜きにしては、便利な生活ができない。
  • 私の人生は、あなたを抜きにしては幸せになれない。
  • 田中さんを抜きにしては、このプロジェクトは成功できなかった。
  • パソコンを抜きにしては、仕事にならない。

 

注意事項

  1. 「Nを抜きにしては」の名詞には、話者が高く評価しているものが来る。
  2. 後件は、否定の意味が来る。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~を抜きにしては」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。