N3(文法分析)

【N3文法解説】~をこめて|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~をこめて」の説明です。

 

用法

接続

N+をこめて

たのすけ
たのすけ
名詞を修飾するときは、「NをこめたN」「~のこもったN」となります。 

 

意味

  • ~を中に入れて
たのすけ
たのすけ
感情などの気持ちを込めるときに使います。

 

例文

  • 先生に感謝の気持ちをこめて手紙を書いた。
  • 彼のためにをこめて料理を作る。
  • 毎朝、愛情をこめてお弁当を作る。
  • 母は怒っているようだ。怒りをこめて話している。
  • 平和の願いをこめて、折り紙で鶴を折った。
  • 父の日にありがとうの気持ちをこめて、プレゼントをあげた。

 

注意事項

  • 前件は「感謝・愛・愛情・心・怒り・祈り・願い・力・~の気持ち・~の意味」などが来る。気持ちの言葉が来るが、「力」は例外。(例)をこめて、そのドアを開けてください。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~をこめて」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。