N1(文法分析)

N1文法解説「~であれ~であれ/~であろうと~であろうと」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N1文法「~であれ~であれ/~であろうと~であろうと」の説明です。

 

用法

接続

N+であれ+N+であれ
N+であろうと+N+であろうと

たのすけ
たのすけ
基本的には名詞に接続しますが、疑問詞やい形容詞・な形容詞につくこともあります。

 

意味

  • ~でも~でも関係なく。
たのすけ
たのすけ
いくつか例を挙げて、その全部にあてはまるときに使います。

 

例文

  • 彼がお金持ちであれ貧乏であれ、私は彼が好きだ。
  • 日本人であれ外国人であれ、日本に住んでいるなら税金を払わなければならない。
  • 私は仕事であれ遊びであれ、何でも一生懸命にやる。
  • であれであれ、自然が多い場所に住みたい。
  • 正社員であろうとアルバイトであろうと、お客様には丁寧に接客してください。
  • であろうとであろうと、明日は卒業式を行います。
  • 大人であろうと子供であろうと、ルールを守りましょう。

 

注意事項

  1. 硬い言い方。
  2. 「~であろうと~であろうと」のほうが、より硬い言い方。
  3. 後件では、事態が変わらないことを表す表現が多い。

 

類似文型との違い

~であれ/~であろうと

  • 意味は「~でも関係なく」(例)私はどこであれ、寝られる。

【参考】~であれ/~であろうと

 

~にしろ~にしろ

  • 意味は「~を例にとっても、他の~を例にとっても、同じことが言える」(例)N2は文法にしろ読解にしろ、難しい。
  • 「~であれ~であれ」のほうが硬い言い方。

【参考】~にしろ~にしろ

 

たのすけ
たのすけ
では!「~であれ~であれ/~であろうと~であろうと」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。